一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

CentOS7.6 (1810)のインストーラー「ソフトウェアの選択」リスト

CentOSインストーラーを起動して
インストールステップを進めると

「ソフトウェアの概要」画面で「ソフトウェアの選択」を選ぶ事ができます

今回はCentOS7.6(1810)のインストール中に選択できる
「ソフトウェアの選択」を表にまとめてみました。

私は「最小のインストール」を選択し,インストール完了後にカスタマイズしますが
他の選択肢を確認しておくことも必要ですよね。

参考になれば幸いです。

目次


 「ソフトウェアの選択」一覧表

ベース環境 説明
最小限のインストール 基本的な機能です。
コンピュートノード 計算と処理を行うためのインストールです。
インフラストラクチャーサーバ ネットワークインフラストラクチャーのサービスを動作させるサーバーです。
ファイルとプリントサーバー 企業向けの、ファイル、プリント、およびストレージサーバです。
ベーシック Webサーバ 静的および動的なインターネットコンテンツの配信を行うサーバーです。
仮想化ホスト 最小の仮想化ホストです。
サーバ(GUI使用) GUIを使用してネットワークインフラストラクチャのサービスを動作させるサーバーです。
GNOME Desktop GNOMEは非常に直観的でユーザーフレンドリーなデスクトップ環境になります。
KDE Plasma Workspaces KDE Plasma Workspacesは高度な設定が可能なグラフィカルユーザーインターフェースであり、パネルやデスクトップ、システムアイコン、デスクトップウィジェットなど数多くのパワフルなKDEアプリケーションを搭載します。
開発およびクリエイティブワークステーション ソフトウェア、ハードウェア、グラフィックまたはコンテンツ開発向けのワークステーションです。

「ソフトウェアの選択」画面イメージ

ソフトウェアの設定1/ 2画面目

f:id:htbariki:20190429212137p:plain

ソフトウェアの設定2 / 2画面目

f:id:htbariki:20190429212145p:plain

参考資料

 RED HAT ENTERPRISE LINUX 7 インストールガイド[8.13. ソフトウェアの選択]

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/installation_guide/sect-package-selection-x86

CentOS7.6 (1810)のインストール手順

https://ichibariki.hatenablog.com/entry/2019/04/29/135505

 Red Hat Enterprise Linux 7.2 のインストール

https://ichibariki.hatenablog.com/entry/2016/10/01/133605

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion Pro 11.0.3 (12992109)

ゲストOS

[root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
[root@localhost ~]# uname -a
Linux localhost.localdomain 3.10.0-957.el7.x86_64 #1 SMP Thu Nov 8 23:39:32 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
[root@localhost ~]#

スポンサーリンク