読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

MacでUSBシリアル接続しても良いじゃないか!(Cisco 1812-Jコンソールに接続してみた編)

### 広告 ###

毎度一馬力です。Ciscoルータ(1812-J)を手に入れました。

CISCO Cisco 1812J 固定構成型 セキュアブロードバンドアクセスルータ CISCO1812-J/K9

実機を使ってのお勉強は大切です。

さて、Ciscoルータ(1812-J)の初期設定。
  シリアルケーブルでコンソールに接続必要があります。
 

PCからシリアル接続するのは,USBシリアルケーブルを利用するのが一般的。
  USBシリアルケーブルの事例は,Windowsの事例が一般的。  

そう。業務用ははWindowsがイッパンテキ、、、。  

BUFFALOのUSBシリアルケーブルBSUSRC06にいたっては標準ドライバがWindowsのみ
 

http://buffalo.jp/product/cable/usb/bsusrc06/

しかーーーし。我が家にはwindowsマシンが無いのです。
  そう。駆逐したのです。自宅でまでWindowsを使いたく無いじゃないですか。
  我が家はMacで統一されています。  

Apple製品でシリアル接続したいじゃないか!
MacでシリアルUSB接続しても良いじゃないか!
アマゾンさんに聞いて見よう!

見つけたー!ポチッとな

UGREEN USB 2.0 TO DB9 RS-232 adapter Cable- FTDI chipset
Ugreen  USB シリアル変換ケーブル USB-RS232 DB9ピン変換アダプタ Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP/2000 Mac OS 10.6以降等対応 金メッキ付き FTDIチップセット 1m

という事で。本題です。

目次


準備するもの

  • USBシリアルケーブル

 UGREEN USB 2.0 TO DB9 RS-232 adapter Cable- FTDI chipset
   ※ドライバはUgreenのサイトからダウンロードして下さい

(2016/11/3追記)
ドライバのインストール方法記事にしました。
ichibariki.hatenablog.com

f:id:htbariki:20161101202826j:plain f:id:htbariki:20161101202843j:plain

  • コンソールケーブル(ロールオーバーケーブル)  これです。
    f:id:htbariki:20161101202835j:plain

  • 接続用PC (もちろんApple製品:MacBook )  我が家にwindowsは無いのです。駆逐しました。

接続方法

ケーブルの接続は下の通り。MacBookから順にケーブル繋いでいって  
1812-Jまでつなぎます。

MacBook Pro   
-> USB   
-> UGREEN USB 2.0 TO DB9 RS-232 adapter Cable- FTDI chipset
    -> コンソールケーブル
  -> コンソールポート (Cisco 1812-J)   

コンソール接続

コンソール接続の準備(USBシリアルケーブルのデバイス名を確認)

まずは,USBシリアルケーブル接続前の状況  
Macのターミナルアプリでデバイスの状態を確認します。

MacBook-Pro:~ MBPR$ ls -l /dev/tty.*
crw-rw-rw-  1 root  wheel   20,   0 10 25 22:38 /dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port
crw-rw-rw-  1 root  wheel   20,   2 10 25 22:38 /dev/tty.iMac-Bluetooth-Incoming
MacBook-Pro:~ MBPR$

続いて,USBシリアルケーブル接続後。 
  "tty.usbserial-AL020TCJ" が増えています。(これが繋いだUSBシリアルケーブルのデバイス名)
  この名前をメモしておきます。  

MacBook-Pro:~ MBPR$ ls -l /dev/tty.*
crw-rw-rw-  1 root  wheel   20,   0 10 25 22:38 /dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port
crw-rw-rw-  1 root  wheel   20,   2 10 25 22:38 /dev/tty.iMac-Bluetooth-Incoming
crw-rw-rw-  1 root  wheel   20,   4 10 25 23:00 /dev/tty.usbserial-AL020TCJ ★←増えている
MacBook-Pro:~ MBPR$

端末エミュレータ (screenコマンド)で接続

続いて1812-Jにコンソール接続します。  

Windows機であればTeraTermを起動するところですが。
我が家にはWinマシンありません。しつこいようですが駆逐しました!
 

Macでコンソール接続する場合はterminalアプリから”screen”コマンドを利用します。

(コマンドの例)

   $ screen 接続デバイス名(/dev/tty.xxxxx)

です。

下の例はUSBシリアルケーブルで1812-Jに接続し,screenコマンドを打ってから
  1812-Jを起動した所です。

MacBook-Pro:~ MBPR$ screen /dev/tty.usbserial-AL020TCJ

System Bootstrap, Version 12.3(8r)YH12, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 2007 by cisco Systems, Inc.
C1800 platform with 131072 Kbytes of main memory with parity disabled

Upgrade ROMMON initialized

program load complete, entry point: 0x80012000, size: 0xc0c0

〜〜

無事接続できました。  

ということで,今回はMacでシリアル接続したって良いじゃないか!という話でした。  

みなさんもWindowsマシン駆逐してみませんか?^^

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ


MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)



macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0