一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

iLO4 ライセンスのアクティベート方法

ProLiant サーバーはiLOの機能でリモートコンソール接続が可能です。
我が家のProLiant サーバーにはコンソール(ディスプレイ)が存在しないので
ネットワーク経由でコンソールを表示(リモートコンソール接続)できるのは助かります。

参考:

 Integrated Lights-Out 4 (iLO4) - リモートコンソールの使用方法解説
 https://support.hpe.com/hpsc/doc/public/display?docId=emr_na-c03813424

しかし、リモートコンソール機能を使用するためにはAdvancedライセンスが必要とのこと

また、リモートコンソール機能を使用するには、iLO Essentials ライセンスもしくは、iLO Advanced ライセンス (有償) の適用が必要です。  https://support.hpe.com/hpsc/doc/public/display?docId=emr_na-c03813424

この記事ではリモートコンソール機能の前提となるライセンスを
ProLiant DL160 Gen8に入れてアクティベートする方法を紹介します。

目次


iLO web管理画面へのログイン

ライセンスのアクティベートはWeb管理画面から行います。
iLOIPアドレスhttpsで接続してログインします。

f:id:htbariki:20190518121517p:plain

ライセンスのアクティベート

現在のライセンスの適用状況確認

Administration > Licensing の順にメニューを開くと現在のライセンスステータスを確認できます。
ページ一番上のCurrent License Statusを確認すると

「No license activation key is installed.」

と表示されていることが確認できます。
ライセンスキーは未適用の状態です。

f:id:htbariki:20190518121547p:plain

ライセンスキーの入力

Administration > Licensingのページの一番下に5個のテキストボックスが表示されています。
ここにライセンスキーを入力します。

f:id:htbariki:20190518121526p:plain

ライセンスキーのインストール

正しいライセンスキーを入力すると
「Install」ボタンが押せるようになります。

ライセンスキーを入力してインストールします。

f:id:htbariki:20190518121553p:plain

ライセンスの使用許諾契約(EULA:End-User License Agreement)の確認を求められます
内容を確認して「OK」を押します

f:id:htbariki:20190518121540p:plain

インストール完了

エラーなくインストールが完了すると
Current License Statusに入力したライセンスが表示されます。

Status=OKとなっている事を確認してアクティベート完了です。

f:id:htbariki:20190518121533p:plain 参考になれば幸いです。

[参考]iLO Advanced試用版ライセンスの入手方法

iLO Advancedは試用版ライセンスがあります。
したのページから情報を入力する事で60日間試用する事ができます。

https://www.hpe.com/jp/ja/resources/integrated-systems/ilo-advanced-trial.html?parentPage=/jp/ja/products/servers/server-management 

購入前に試してみたいときに助かりますね。
f:id:htbariki:20190518121600p:plain

試した環境

Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.70 May 07 2019

スポンサーリンク