一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

iLO4のファームアップ 方法を詳しく紹介(ProLiant DL160 Gen8)[2019/5/18更新]

毎度一馬力です。ProLiant DL160 Gen8が我が家にやってきました^^
Apple製品しか存在しない我が家にHP製品。

何か大事なものを無くした気がしますが,仕方がない。
IAサーバが一台あるとお勉強が色々捗るのです。

ということで,今日はProLiant DL160 Gen8に内蔵されているiLOファームウェアの更新方法の紹介。

記事は iLO Firmware Versionを2.44から 2.70に更新した際の内容です。

  • 2019/05/18 現時点の最新版 iLO Firmware Version 2.70のダウンロードリンクを追加しました。
  • 2018/6/16 参考資料のHPEへのリンクが切れていたので記事更新しました。

過去記事:iLOの1.x系から2.x系に更新した時の記事は過去記事を参考にしてください

ProLiant DL160 Gen8 iLO4のファームアップ 1.13->2.44
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2016/11/06/095430 

f:id:htbariki:20190518095652j:plain

目次


ファームウェアのダウンロード [2019/05/18 更新]

iLOファームウェアのダウンロードリンク

iLO4のファームウェアダウンロードはHewlett Packard Enterprise サポートセンターから行えます。

ダウンロードリンク[2019/05/18 時点最新版]

種類:    ファームウェア - Lights-Out マネジメント バージョン:    2.70(14 5 2019)
 https://support.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?swItemId=MTX_9e8cf11eecb74aa5b8b0f6331f#tab3 

iLOのweb管理画面がアップデートを行う場合は〜.scexeをダウンロードします

f:id:htbariki:20190518095658p:plain

iLOファームウェアの抽出

iLOファームウェア「CP037959.scexe」はそのままではiLO web管理画面から適用できません。
一旦Linux OSにアップロードしてシェルを利用し抽出しる必要があります。

コマンドは

「 sh ダウンロードした.scexe --unpack=抽出先ディレクトリ 」

です。下の例では  # sh CP037959.scexe --unpack=/tmp/temp としています。

[root@localhost tmp]# sh CP037959.scexe --unpack=/tmp/temp
CP037959.xml
flash_ilo4
ilo4_270.bin
README.TXT
[root@localhost tmp]# cd temp/
[root@localhost temp]# ls
CP037959.xml  README.TXT  flash_ilo4  ilo4_270.bin
[root@localhost temp]# pwd
/tmp/temp

今回の例では「ilo4_270.bin」が必要なiLOファームウェアとなります。

ファームウェアのアップロード

iLOの管理画面からAdministration >  Firmwareと選択します。
Firmware Updateの画面が表示されたら「ファイルを選択」をクリックし
前の手順で抽出した.binファイルを選択します。

f:id:htbariki:20190518095706p:plain

アップデートの実行

注意事項の確認

  • ポップアップで注意事項が表示されます。
  • iLOが再起動されます。
  • 内容確認して問題がなければ”OK”をクリック

補足。iLOが再起動される時サーバーは起動したままです。

アップデートの実行

ファイルを選択して「Upload」をクリックするとファームウェアの更新が始まります。

f:id:htbariki:20190518095713p:plain

f:id:htbariki:20190518095720p:plain

ファームウェアの更新

前の画面でOKを押すとファームウェアがアップロードされます。

f:id:htbariki:20190518095728p:plain

参考 (ファームウェア更新中はUIDランプが点滅)

ちなみに、ファームウェア更新中はUIDランプがが点滅します。

ファームウェア更新の完了

ファームウェアの更新が完了して,iLOの再起動が入ると初期画面にリダイレクトされます。
リダイレクト直後はログインボタンがグレーアウトされています。

準備完了まで少しまちます。
私の環境では5分ほどでファームアップが完了しました。

f:id:htbariki:20190518095736p:plain

ファームウェア更新の完了

30秒ほどたつと,ログインが有効になります。
ブラウザでページを再読込すると,ログイン画面がバージョンアップ後のものに入れ替わっています。

f:id:htbariki:20190518095746p:plain

更新の確認

ログイン画面は変更されていますが,念の為ログイン後の画面で確認します。

 Administration >  FirmwareFirmware Information

f:id:htbariki:20190518095754p:plain

 Information > iLO Event Log

iLO Event Logも確認してエラーが無いことも念の為確認しましょう。

f:id:htbariki:20190518095802p:plain

まとめ

  • iLOの更新は安定運用のため定期的に行った方がよい
  • iLO更新時の再起動はiLOのみ。サーバは再起動しない

参考資料 [2018年6月16日 更新]

試した環境

Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.70 May 07 2019

スポンサーリンク