一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

VyOS on VMware Fusionのinstall方法紹介

f:id:htbariki:20181209114909p:plain

VyOS(https://wiki.vyos-users.jp/index.php/)を
VMware Fusionにインストールしてみたので
手順を紹介します。

参考にしてみてくだいさ

目次


VyosのDownload

まずはVyosのイメージをダウンロードします
ダウンロードページは

https://vyos.io

です。

今回はVMware Fusion上にインストールするので「VyOS on VMWare」をクリックします。

f:id:htbariki:20181209114850p:plain クリックすると〜.ovaファイルのダウンロードが始まります。

VyOS on VMWareのinstall

仮想マシンのインポート

〜.ovaファイルから仮想マシンをインポートしていきます。
まず仮想マシンのライブラリ画面から「+」ボタンをクリックします
f:id:htbariki:20181209114826p:plain

表示された画面から「インポート...」を選択します。

f:id:htbariki:20181209114937p:plain

仮想マシンの選択

「既存の仮想マシンを選択」の画面が表示されたら
前の手順でダウンロードしておいた〜.ovaファイルを選択します。

※画面は選択前の状態です。

f:id:htbariki:20181209114844p:plain

〜.ovaファイルを選択すると「最近の項目:」に
vyos-1.1.8-amd64ovaファイルが表示されます

f:id:htbariki:20181209114925p:plain

仮想マシンの保存場所の確認を求められます。

デフォルトの「仮想マシン」フォルダから変更したい場合
「場所」からフォルダを変更してください

デフォルトのままでよければ「保存」をクリックします

f:id:htbariki:20181209114855p:plain

仮想マシンのインポート開始

仮想マシンのインポートが開始されます
ステータスバーが進むのを確認して、インポート完了まで少し待ちます

f:id:htbariki:20181209114912p:plain

仮想マシンの構成完了確認

インポートが完了すると「完了」画面が表示されます
仮想マシンの概要」を確認して問題なければ「終了」ボタンを押してインポート完了です

※ネットワークの割当はデフォルトでは「自動検出(ブリッジ)」になっています
 クローズネットワークで試したい場合などは「設定のカスタマイズ」から変更してください

f:id:htbariki:20181209114918p:plain

VyOSの起動

インポートが完了したら「仮想マシンのライブラリ」に
VyOSが表示されています

「vyos-1.1.80amd64」の仮想マシンを選択して起動します

f:id:htbariki:20181209114838p:plain

仮想マシンのアップグレード

1回目の起動時に仮想マシンのアップグレードを確認されます
特別な要件がなければ「アップグレード」を選択します

f:id:htbariki:20181209114832p:plain

参考 起動画面(コンソール)

起動時のコンソールを確認すると,ほとんどLinux
VyOSはDebian GNU/Linuxをベースに作成されているので,中身はLinuxですね

f:id:htbariki:20181209114819p:plain

f:id:htbariki:20181209114930p:plain

f:id:htbariki:20181209114812p:plain

VyOSの起動完了

コンソール上に「vyos login:」と表示されれば起動完了です。
VyOSにログインして設定を進められるます

f:id:htbariki:20181209114902p:plain VirtualBoxへのインストールと比較して
やはりVMware Fusionは有料製品だけあって、動作がスムーズな気がします
同じホストマシンを使っていても起動がサクッと動く感じです。

道具が気持ちよく動くって事は大事です。
Fusionのライセンス購入に迷ってるのであれば,Fusion試用版もあるので試してください

参考になれば幸いです。

[参考]初期ユーザとパスワード

初期ユーザーとパスワードはユーザーガイドに記載されています。
https://wiki.vyos.net/wiki/User_Guide 

念の為,該当部分を抜粋しておきます。

The VyOS ISO is a Live CD and will boot to a functional VyOS image. To login to the system, use the default username:password of: vyos:vyos

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion
 プロフェッショナル バージョン 11.0.2 (10952296)

VyOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   VMware
HW model:     VMware Virtual Platform
HW S/N:       xxx
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

スポンサーリンク