一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

VyOSにsshを設定し接続する方法

f:id:htbariki:20181125112231p:plain

VyOSをインストールしらた
sshの設定を追加すると設定がはかどります。

今回はVyOS 1.1.8でssh serviceを有効化する設定を追加してみようと思います。
参考にしてください

目次


ネットワーク図

説明に入る前に今回の設定する環境のネットワーク図を記載しておきます。
VyOSのインターフェースeth0はrouterからDHCPIPアドレスが割り振られます。

f:id:htbariki:20181125112234p:plain

sshの設定

インターフェースの設定確認

VyOSのインストールした直後は,インターフェースeth0は
「address dhcp」でdhcpクライアントとして動作しています
そのためネットワーク上にdhcpサーバがあれば,自動的にipアドレスが割り振られます。

インターフェース状態

IPアドレスが割り振られている事を確認するのに
VyOSから「$ show interfaces」コマンドを投入して確認してみます

今回の例では「192.168.3.5」が割り振られています。

vyos@vyos:~$ show interfaces
Codes: S - State, L - Link, u - Up, D - Down, A - Admin Down
Interface        IP Address                        S/L  Description
---------        ----------                        ---  -----------
eth0             192.168.3.5/24                    u/u
eth1             -                                 u/u
lo               127.0.0.1/8                       u/u
                 ::1/128
vyos@vyos:~$

ssh serviceの設定

VyOSにIPアドレスが割り振られている事を確認したらssh serviceの設定に進みます

configureモードへの変更

VyOSへ設定を追加するためconfigureモードに変更します。

vyos@vyos:~$ configure
[edit]
vyos@vyos#

ssh serviceの設定

configureモードに入ったらssh serviceを設定していきます
VyOSで設定を追加刷る場合「# set」コマンドを利用します

今回はsshを有効化するので
コマンドは「# set service ssh」となります。

vyos@vyos# set service ssh
[edit]
vyos@vyos#

設定の反映

VyOSでは設定を有効化するために「# commit」コマンドを利用します。
「# commit」コマンド投入後エラーが出力されないことを確認します

vyos@vyos# commit
[edit]
vyos@vyos#

設定の保存

「# commit」コマンドで設定を反映させたら
定義を保存しましょう。

コマンドは「# save」となります。
※「# save」コマンドで保存しない設定は再起動後無くなってしまいます

vyos@vyos# save
Saving configuration to '/config/config.boot'...
Done
[edit]
vyos@vyos#

VyOSへのssh接続

VyOS側の設定が完了したので,クライアント側からssh接続してみます。
VyOS側のユーザーは初期設定のままであれば「vyos」が有効になっているはずです

ユーザー名「vyos」を指定して接続します

今回はmacOSのterminalからsshコマンドを利用して接続しますので
コマンドは「$ ssh vyos@192.168.3.5」となります。

MacBookPro:~ MBPR$ ssh vyos@192.168.3.5
Welcome to VyOS
vyos@192.168.3.5's password:
Linux vyos 3.13.11-1-amd64-vyos #1 SMP Sat Nov 11 12:10:30 CET 2017 x86_64
Welcome to VyOS.
This system is open-source software. The exact distribution terms for
each module comprising the full system are described in the individual
files in /usr/share/doc/*/copyright.
Last login: Sat Nov 24 14:30:16 2018 from 192.168.3.3
vyos@vyos:~$

「Welcome to VyOS」が表示されれば、sshでの接続は成功です

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14 (18A391)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.0.0

仮想化基盤

VirtualBox
 VirtualBox バージョン 5.2.22 r126460 (Qt5.6.3)
 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.2.22r126460

ゲストOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   KVM
HW model:     VirtualBox
HW S/N:       0
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

スポンサーリンク