一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

Cisco Packet Tracerで利用できるNW機器一覧とCisco HPへのリンク集

Ciscoのネットワーク機器のお勉強用に
Cisco Packet Tracerをインストールしたものの
そもそのCiscoの実機を見たことも触った事もない人が
型番だけ見てもとっつきにくいですよね。

そんな人達のために、今回はCisco Packet Tracerでエミュレートできる
ネットワーク機器の一覧と,各機器のCiscoサポートサイトをまとめました。

可能な限り日本語ページへのリンクを集めましたが
一部販売終了となっている機器もあり,英語版へのリンクとなっている部分もあります。

また、どんな機械かざっくりわかれば良いときは
Cisco Packet Tracerの「HELP」ページを確認するをおすすめします

参考になれば幸いです。

目次


Network Device

Routers

f:id:htbariki:20190421095716p:plain

4321

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/4321-integrated-services-router/model.html

1941

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/1941-integrated-services-router-isr/model.html?dtid=osscdc000334

2901

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/2901-integrated-services-router-isr/model.html?dtid=osscdc000334

2911

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/2911-integrated-services-router-isr/model.html?dtid=osscdc000334

819IOX

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/collateral/routers/819-integrated-services-router-isr/data_sheet_c78-678459.html

819HGW

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/collateral/routers/819-integrated-services-router-isr/data_sheet_c78-678459.html

829

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/829-industrial-router/model.html?dtid=osscdc000334

1240

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/routers/1240-connected-grid-router/model.html?dtid=osscdc000334

PT-Router

汎用ルータ。

PT-Empty

汎用ルータ。モジュール未搭載。

1841

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/collateral/routers/1800-series-integrated-services-routers-isr/prod_qas0900aecd80181208.html?dtid=osscdc000334

2620XM

https://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/routers/2600-series-multiservice-platforms/product_data_sheet0900aecd800fa5be.html

2811

https://www.cisco.com/c/en/us/products/routers/2811-integrated-services-router-isr/index.html?dtid=osscdc000283

Switches

f:id:htbariki:20190421095739p:plain

2960

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/switches/catalyst-2960-series-switches/index.html?dtid=osscdc000334

PT-Switch

汎用スイッチ

PT-Empty

汎用スイッチ。モジュール未搭載

3560 24PS

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/switches/catalyst-3560-series-switches/index.html?dtid=osscdc000334

3650 24PS

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/switches/catalyst-3650-series-switches/index.html?dtid=osscdc000334

IE 2000

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/switches/ie-2000-4ts-g-industrial-ethernet-switch/model.html?dtid=osscdc000334

PT-Bridge

汎用ブリッジ

2950-24

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/switches/catalyst-2960-series-switches/tsd-products-support-series-home.html

2950T

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/switches/catalyst-2960-series-switches/tsd-products-support-series-home.html

Hubs

f:id:htbariki:20190421095652p:plain

PT-Hub

汎用ハブ

PT-Repeater

汎用リピーター

Coaxial Splitter

同軸スプリッター

Wireless Devices

f:id:htbariki:20190421095912p:plain

Meraki

https://www.cisco.com/c/m/ja_jp/meraki.html?dtid=osscdc000334

LAP-PT

Light Weight AP

3702i

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/wireless/industrial-wireless-3702-access-point/model.html?dtid=osscdc000334

WLC

Wireless LAN Controller

2504

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/wireless/2504-wireless-controller/model.html?dtid=osscdc000334

Home Router

ホームルーター

AP-PT

アクセスポイント

AP-PT-A

アクセスポイント。802.11a

AP-PT-AC

アクセスポイント。802.11ac

AP-PT-N

アクセスポイント。802.11n

WRT300N

ワイヤレスルーター

Home Gateway

ホームゲートウェイ

Cell Tower

3G/4Gモジュール

CO Server

Central Office Server

Security

f:id:htbariki:20190421095700p:plain

5506

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/security/asa-5506-x-firepower-services/model.html?dtid=osscdc000334

5505

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/security/asa-5505-adaptive-security-appliance/model.html?dtid=osscdc000334

WAN Emulation

f:id:htbariki:20190421095801p:plain

 PT-Cloud

WAMエミュレータ

PT-Empty

WAMエミュレータ。モジュール未搭載

DSL Modem

DSLモデム

Cable Modem

ケーブルモデム

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

<朗報!>Cisco Packet Tracer macOSが公開されました。インストール方法紹介

Cisco Packet Tracer version 7.1まではWindows版,Linux版,iOS版しかなかったはず!
先日久しぶりにCisco Networking Academyにログインしてみたら
Cisco Packet TracerVersion 7.2になって,macOS版が公開されているじゃないですか!

神様、仏様、Cisco様。私の願いを聞き届けてくれてありがとうございます!

今までmacOS上のVMLinuxインストールしてまでPacket Tracerを動かしていた手間がなくなります。
macユーザには朗報です。

では早速macOSCisco Packet Tracer version 7.2をインストールしてましょう!

目次


 Cisco Packet Tracer macOS version 7.2.1のダウンロード

1.Cisco Networking Academyにログイン
https://www.netacad.com/ja

2.「My NetAcad」のメニュー表示

3.「リソース」メニューから「パケットトレーサーのダウンロード」をクリック

表示された画面から「macOSバージョン7.2.1」をクリックしダウンロードします
※2019.4.20時点では日本語化したときのバグなのか「の」の部分がダウンロードリンクになっています。

f:id:htbariki:20190420173000p:plain

 Cisco Packet Tracer macOS バージョン7.2.1のインストール

インストールイメージの展開

前の手順でダウンロードしたインストールイメージ
PacketTracer721_mac.dmgをクリックし展開します

f:id:htbariki:20190420172955p:plain

 Packet Tracer mac インストラーの起動

展開が終わるとディスクイメージファイルの中に
PacketTracer721_mac_installerが確認できます

インストラーを選択し起動します

f:id:htbariki:20190420172933p:plain

インストラーの検証と許可

インストラーが起動されると「検証」が始まります

f:id:htbariki:20190420172936p:plain

検証が完了すると,PacketTracer721_mac_installerを開いて良いか許可を求められます
「開く」を選択し先に進めましょう

f:id:htbariki:20190420172913p:plain

Packet Tracerのセットアップ

セットアップは悩む部分はなく画面を確認しながら「続き」「続き」「インストール」で先に進めます

私の環境で試したさいの画面イメージをアップしておきます
参考にしてください

セットアップ - Cisco Packet Tracer 7.2.1

f:id:htbariki:20190420172950p:plain

ライセンス条項の同意

f:id:htbariki:20190420172902p:plain

f:id:htbariki:20190420172851p:plain

Cisco Packet Tracer 7.2.1のインストール

f:id:htbariki:20190420173016p:plainf:id:htbariki:20190420173021p:plain

変更の許可

端末のユーザ名:パスワードを入力する画面が出力されます
パスワードを入力して「OK」をクリックします

f:id:htbariki:20190420172927p:plain

Cisco Packet Tracer 7.2.1のウィザードの完了

この画面が表示されてインストールは完了です

f:id:htbariki:20190420172906p:plain

Cisco Packet Tracer 7.2.1の起動

インストールが完了すると下のアイコンがappメニューに表示されています
早速クリックして起動しましょう。

f:id:htbariki:20190420173012p:plain

Cisco Packet Tracer 7.2.1初回起動時の確認

初回起動時のみ,下のポップアップが表示されます
Packet Tracerの設定ファイルやログなどが保存されます

「OK」を押して先に進めます

f:id:htbariki:20190420172922p:plain

Cisco Packet Tracer 7.2.1の起動画面

起動画面が表示されます。

f:id:htbariki:20190420172855p:plain

 Cisco Networking Academyへのログイン

ログイン画面が表示されます
自分のアカウントでログインしましょう。

f:id:htbariki:20190420172916p:plain

新しいスクリプトモジュールの有効化確認

新しいスクリプトモジュールを見つけると確認を求められるようです。
「Yes」をクリックし先に進めます

f:id:htbariki:20190420173007p:plain

起動完了

無事起動完了です
これでmacOSユーザーも簡単にPacket Tracerを利用できるようになりました。感謝。

f:id:htbariki:20190420172940p:plain

参考になれば幸いです。

参考

Cisco Packet Tracer for Linuxのインストール on macOS
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2018/05/13/193629

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

VMware Fusion 11.0.3へのアップデートと更新内容の概要

VMware Fusion 11のVersion 11.0.3がリリースされました。

リリースノートはこちら

VMware Fusion 11.0.3 リリース ノート
Last Updated 03/29/2019
 https://docs.vmware.com/jp/VMware-Fusion/11/rn/fusion-1103-release-notes.html 

今回は,VMware Fusion Pro の11.0.2から11.0.3へのアップデートについて
紹介したいと思います。

目次


VMware Fusion 11.0.3のアップデート内容

まずはアップデートの内容を確認しています。
VMware Fusion のアップデート内容はリリースノートにまとめられています。

VMware Fusion 11.0.3 リリース ノート
Last Updated 03/29/2019
 https://docs.vmware.com/jp/VMware-Fusion/11/rn/fusion-1103-release-notes.html 

このリリースノートの内容から今回は
バグの修正およびセキュリティアップデートとのこと。
内容を確認すると3つのセキュリティ修正が入っているようです。

アップデートの内容

対策された脆弱性を超ざっくりまとめるとこの3つ

  • 仮想 USB UHCI (Universal Host Controller Interface)に関連する脆弱性
  • e1000 および e1000e 仮想ネットワーク アダプタに関連するの脆弱性
  • Web ソケットを介してアクセスするAPIに関連する脆弱性

となります。

関連資料

脆弱性の詳細については,CVEやVMware Security Advisoriesに詳細がまとめられています。

Common Vulnerabilities and Exposures プロジェクト

VMware Security Advisories

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2019-0005.html

詳細が気になる人は確認してみましょう。

アップデート手順の確認

アップデートはVMware Fusionの更新確認時に確認を求められます。
私の環境でアップデートした際の手順をアップしておきます。
参考にしてください

ダウンロードとインストール

新しいバージョンが公開されると
「ソフトウェアのアップデート」のポップアップが出力されます。

更新内容を確認して「ダウンロードとインストール」をクリックします。

f:id:htbariki:20190414221859p:plain

いろいろなパッケージがダウンロードされるので,ダウンロード完了まで少し待ちます。

f:id:htbariki:20190414221853p:plain

f:id:htbariki:20190414221907p:plain

インストールして再起動

アップデートパッケージのダウンロードが完了して
インストールの準備が完了すると確認を求められます

仮想化基盤(VMware Fusion)自体の再起動は入るため
ゲストOS(仮想マシン)はシャットダウンか,サスペンドして先に進むことをおすすめします

f:id:htbariki:20190414221927p:plain f:id:htbariki:20190414221948p:plain

インストールの途中で管理アクセス権を求められます。

f:id:htbariki:20190414221941p:plain ここまでくればアップデートはほぼ終了
VMwareが再起動するのを待ちます

インストール完了。

インストールが完了し,VMware Fusionの再起動が完了しらた
最新版に更新されていることを確認すします。

Versionの表記が10.0.3に更新されていれば作業完了です。

f:id:htbariki:20190414221913p:plain

参考になれば幸いです

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion Pro 11.0.3 (12992109)

Wiresharkを日本語化する方法

Wiresharkは言語設定で日本語化することができます。
メニューなどが日本語表示になるため,少しWiresharkと仲良くなれる気がしてきます。

普段使いの道具が、母国語で使えるのはありがたいですね。

それでは日本語化の方法です。参考にしてください

目次


日本語化の手順[サマリー]

メニューWireshark > Preferences... > Appearancee > Language:
で日本語を選択します。 

日本語化の手順[詳細]

Step1. メニューから「Wireshark」を選択

f:id:htbariki:20190321215335p:plain

Step2. 「Wireshark」メニューから「Preferences...」を選択

f:id:htbariki:20190321215342p:plain

Step3. 「Preferences」画面から「Appearance」-> 「Language:」を選択

f:id:htbariki:20190321215322p:plain

Step4. 「Language:」から「Japanese」選択

f:id:htbariki:20190321215354p:plain

Step5. 日本語化完了

これでメニュー等が日本語で表示されます。
f:id:htbariki:20190321215348p:plain

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8)

Wiresharkで言語設定を英語から変更できないバージョン(Version 2.6.4-2.6.5)

Wiresharkは言語設定で日本語化することができます。
ただし,Version 2.6.4と2.6.5はバグのため日本語化する事ができません。

メニューなどを日本語表示にしてWiresharkを利用したいときは
特別な理由がなければVersion 2.6.6以降を利用しましょう。

目次


言語設定の変更方法

メニューWireshark > Preferences... > Appearancee > Language:
で日本語を選択します。 

日本語化できないバージョン

同じ状況にはまってしまった人のために
日本語化できないバージョンの動作をアップしておきます。

Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8)

f:id:htbariki:20190321211027p:plain

f:id:htbariki:20190321211044p:plain

f:id:htbariki:20190321211057p:plain f:id:htbariki:20190321211035p:plain

変更されない、、。*

f:id:htbariki:20190321211104p:plain

Version 2.6.5 (v2.6.5-0-gf766965a)

f:id:htbariki:20190321211049p:plain このバージョンでも解決せず、、、。

日本語化できるバージョン

Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8)

Version 2.6.6では言語設定を変更することにより、メニューなどが日本語で表示されます。

f:id:htbariki:20190321211020p:plain

 Wireshark Bug Databaseのリンク

この問題はWireshark Bug Databaseで認識されています。

Bug 15207 - Changing language setting doesn't change the language used
https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=15207

Wiresharkの動作がおかしいな?と思ったら Bug Databaseを確認して見ましょう

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8) 
    Version 2.6.5 (v2.6.5-0-gf766965a) 
    Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8) 

Wiresharkの過去リリースをダウンロードする方法

2019.2.28にWireshark 3.0.0 がリリースされました。
https://www.wireshark.org/news/20190228.html 

Wireshark 2がリリースされたのが2015.11.18※だったので
https://www.wireshark.org/news/20151118.html
約3年ぶりのメジャーアップデートとなります。

リリースを受けてWireshark.orgのページダウンロードリンクは
すっかりv3系のものに置き換わっています。

しかし,サポートの都合や,古いバージョンを試したい場合など
過去のリリースを利用したい場面があるますよね?

今回はそんな場面に出くわした時のために,過去リリースをダウンロードする方法を紹介したいと思います。

目次


ダウンロード方法「お急ぎの方向け」

山形大学ダウンロードサイトからダウンロード

各プラットフォーム別のダウンロードリンクです。

MacOS
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/osx/all-versions/ 

Windows
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/win64/all-versions/ 

ソースコード
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/src/all-versions/ 

 ダウンロード方法「wireshark.orgから順番にたどりたい人向け」

Step1. https://www.wireshark.org を開く

Step2. Downloadのアイコンをクリック

f:id:htbariki:20190321151150p:plain

Step3. More Downloads and documentation can be found on the downloads page. のリンクをクリック

f:id:htbariki:20190321151132p:plain

Step4, Explore our download area をクリック

f:id:htbariki:20190321151113p:plain

Step5, Yamagata University(http,jp)をクリック

f:id:htbariki:20190321151106p:plain

Step6, 利用したいプラットフォームを選択

下の例ではosx(macOS向け)を選択しています。 f:id:htbariki:20190321151141p:plain

Step7, all-versionsを選択

f:id:htbariki:20190321151058p:plain

Step8, 必要なバージョンを選択してダウンロード。

最終的にたどり着くリンクは
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/osx/all-versions/ 

です。

f:id:htbariki:20190321151122p:plain

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8)

VyOSのタイムゾーンを”JST”に変更する

f:id:htbariki:20181209170249p:plain

VyOSのデフォルトタイムゾーン協定世界時 UTCに設定されています。
日本標準時と9時間ずれているあれです。

今回は,日本に住んでいる自分としてはやりは日本標準時 JSTのほうが
感覚的に理解しやすい事が多いので,VyOSのタイムゾーンを変更してみた話です。

目次


VyOSのデフォルトタイムゾーン

変更する前にインストール直後のVyOSの設定を確認してみます

VyOSで時刻を確認する

時刻の確認は「操作モード$」で

$ show date

コマンドにより確認できます。

vyos@vyos:~$ show date
Sun Dec  9 05:11:48 UTC 2018
vyos@vyos:~$

バッチリ「UTC」表記です。わかりにくい!

VyOSのタイムゾーン設定[操作モード$]

タイムゾーンの設定はsystem{}の中にあります

$ show configuration

コマンドで確認してみます

vyos@vyos:~$ show configuration
system {
    〜
    time-zone UTC
    〜
}

「time-zone UTC」と設定されている事が確認できます

VyOSのタイムゾーン設定[設定モード #]

設定モード#でも確認してみます。
configureコマンドで設定モードに入ったら

show system time-zone

コマンドで確認できます

vyos@vyos# show system time-zone
 time-zone UTC
[edit]
vyos@vyos#

タイムゾーンの変更

time-zone JSTはInvalid timezoneとなる、、。

注意:この設定方法は反映されません
   お急ぎの人は,読み飛ばしてください

デフォルトの設定が「time-zone UTC」なので,安易な考えで
「time-zone JST」と設定を投入してみましたが
見事Invalid timezoneと怒られました、、。

Invalidを無視してcommitしてもCommit failedで保存できません。

vyos@vyos:~$ configure
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# set system time-zone JST
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# commit
[ system time-zone JST ]
Invalid timezone

[[system time-zone]] failed
Commit failed
[edit]
vyos@vyos#

set system time-zoneの種類

time-zone JSTが設定できなかったので
VyOSで設置できるtime-zoneの種類を調べてみます

set system time-zoneのヘルプを確認してみると
VyOSのタイムゾーン設定は"Region/City”の形式で設定するようです。

投入可能な設定のリストを確認してみます

time-zone “Region”のリスト

地域や国の一覧が表示されます
国の中に複数のタイムゾーンを持つ国は”Region”の中に表示されるようです

vyos@vyos# set system time-zone
Possible completions:
   <text>       Local time zone
   Africa
   America
   Antarctica
   Arctic
   Asia
   Atlantic
   Australia
   Brazil
   Canada
   Chile
   Etc
   Europe
   Indian
   Mexico
   Pacific
   SystemV
   US

Detailed information:
  Enter the local timezone by specifying "Region/City"
    Use auto-completion to see available regions and cities.
    Start with one of these regions:
      Africa      America   Antarctica   Arctic   Asia     Atlantic
      Australia   Brazil    Canada       Chile    Europe   Indian
      Mexico      Mideast   Pacific      US



[edit]

time-zone “Asia” Regionのリスト

日本はAsia Regionに含まれるので,Asiaのリストを確認してみます

vyos@vyos# set system time-zone Asia/
Asia/Aden           Asia/Chungking      Asia/Kabul          Asia/Novokuznetsk   Asia/Tashkent
Asia/Almaty         Asia/Colombo        Asia/Kamchatka      Asia/Novosibirsk    Asia/Tbilisi
Asia/Amman          Asia/Dacca          Asia/Karachi        Asia/Omsk           Asia/Tehran
Asia/Anadyr         Asia/Damascus       Asia/Kashgar        Asia/Oral           Asia/Tel_Aviv
Asia/Aqtau          Asia/Dhaka          Asia/Kathmandu      Asia/Phnom_Penh     Asia/Thimbu
Asia/Aqtobe         Asia/Dili           Asia/Katmandu       Asia/Pontianak      Asia/Thimphu
Asia/Ashgabat       Asia/Dubai          Asia/Khandyga       Asia/Pyongyang      Asia/Tokyo
Asia/Ashkhabad      Asia/Dushanbe       Asia/Kolkata        Asia/Qatar          Asia/Ujung_Pandang
Asia/Baghdad        Asia/Gaza           Asia/Krasnoyarsk    Asia/Qyzylorda      Asia/Ulaanbaatar
Asia/Bahrain        Asia/Harbin         Asia/Kuala_Lumpur   Asia/Rangoon        Asia/Ulan_Bator
Asia/Baku           Asia/Hebron         Asia/Kuching        Asia/Riyadh         Asia/Urumqi
Asia/Bangkok        Asia/Ho_Chi_Minh    Asia/Kuwait         Asia/Saigon         Asia/Ust-Nera
Asia/Beirut         Asia/Hong_Kong      Asia/Macao          Asia/Sakhalin       Asia/Vientiane
Asia/Bishkek        Asia/Hovd           Asia/Macau          Asia/Samarkand      Asia/Vladivostok
Asia/Brunei         Asia/Irkutsk        Asia/Magadan        Asia/Seoul          Asia/Yakutsk
Asia/Calcutta       Asia/Istanbul       Asia/Makassar       Asia/Shanghai       Asia/Yekaterinburg
Asia/Chita          Asia/Jakarta        Asia/Manila         Asia/Singapore      Asia/Yerevan
Asia/Choibalsan     Asia/Jayapura       Asia/Muscat         Asia/Srednekolymsk
Asia/Chongqing      Asia/Jerusalem      Asia/Nicosia        Asia/Taipei
[edit]
vyos@vyos# set system time-zone Asia/

「Asia/Tokyo」がありますね。

タイムゾーンを”JST”(Asia/Tokyo)にする

日本のタイムゾーンの設定がAsia/Tokyoという事がわかりましたので

設定してみます

コマンドは設定モード#に入ってから

set system time-zone Asia/Tokyo”

です。

setコマンドで設定したら

  • commit
  • save

をお忘れなく

vyos@vyos# set system time-zone Asia/Tokyo
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# commit
[ system time-zone Asia/Tokyo ]
Stopping enhanced syslogd: rsyslogd.
Starting enhanced syslogd: rsyslogd.

[edit]
vyos@vyos# save
Saving configuration to '/config/config.boot'...
Done
[edit]
vyos@vyos#

vyos@vyos#
vyos@vyos# show system time-zone
 time-zone Asia/Tokyo
[edit]
vyos@vyos#

タイムゾーンの確認

無事設定が完了したので
タイムゾーンを確認します

vyos@vyos:~$ show date
Sun Dec  9 14:20:43 JST 2018
vyos@vyos:~$

show dateコマンドの結果は「JST」なんですね、、。ややこしい

参考になれば幸いです

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion
 プロフェッショナル バージョン 11.0.2 (10952296)

VyOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   VMware
HW model:     VMware Virtual Platform
HW S/N:       xxx
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

スポンサーリンク