一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

Wiresharkを日本語化する方法

Wiresharkは言語設定で日本語化することができます。
メニューなどが日本語表示になるため,少しWiresharkと仲良くなれる気がしてきます。

普段使いの道具が、母国語で使えるのはありがたいですね。

それでは日本語化の方法です。参考にしてください

目次


日本語化の手順[サマリー]

メニューWireshark > Preferences... > Appearancee > Language:
で日本語を選択します。 

日本語化の手順[詳細]

Step1. メニューから「Wireshark」を選択

f:id:htbariki:20190321215335p:plain

Step2. 「Wireshark」メニューから「Preferences...」を選択

f:id:htbariki:20190321215342p:plain

Step3. 「Preferences」画面から「Appearance」-> 「Language:」を選択

f:id:htbariki:20190321215322p:plain

Step4. 「Language:」から「Japanese」選択

f:id:htbariki:20190321215354p:plain

Step5. 日本語化完了

これでメニュー等が日本語で表示されます。
f:id:htbariki:20190321215348p:plain

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8)

Wiresharkで言語設定を英語から変更できないバージョン(Version 2.6.4-2.6.5)

Wiresharkは言語設定で日本語化することができます。
ただし,Version 2.6.4と2.6.5はバグのため日本語化する事ができません。

メニューなどを日本語表示にしてWiresharkを利用したいときは
特別な理由がなければVersion 2.6.6以降を利用しましょう。

目次


言語設定の変更方法

メニューWireshark > Preferences... > Appearancee > Language:
で日本語を選択します。 

日本語化できないバージョン

同じ状況にはまってしまった人のために
日本語化できないバージョンの動作をアップしておきます。

Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8)

f:id:htbariki:20190321211027p:plain

f:id:htbariki:20190321211044p:plain

f:id:htbariki:20190321211057p:plain f:id:htbariki:20190321211035p:plain

変更されない、、。*

f:id:htbariki:20190321211104p:plain

Version 2.6.5 (v2.6.5-0-gf766965a)

f:id:htbariki:20190321211049p:plain このバージョンでも解決せず、、、。

日本語化できるバージョン

Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8)

Version 2.6.6では言語設定を変更することにより、メニューなどが日本語で表示されます。

f:id:htbariki:20190321211020p:plain

 Wireshark Bug Databaseのリンク

この問題はWireshark Bug Databaseで認識されています。

Bug 15207 - Changing language setting doesn't change the language used
https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=15207

Wiresharkの動作がおかしいな?と思ったら Bug Databaseを確認して見ましょう

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.3 (18D109)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8) 
    Version 2.6.5 (v2.6.5-0-gf766965a) 
    Version 2.6.6 (v2.6.6-0-gdf942cd8) 

Wiresharkの過去リリースをダウンロードする方法

2019.2.28にWireshark 3.0.0 がリリースされました。
https://www.wireshark.org/news/20190228.html 

Wireshark 2がリリースされたのが2015.11.18※だったので
https://www.wireshark.org/news/20151118.html
約3年ぶりのメジャーアップデートとなります。

リリースを受けてWireshark.orgのページダウンロードリンクは
すっかりv3系のものに置き換わっています。

しかし,サポートの都合や,古いバージョンを試したい場合など
過去のリリースを利用したい場面があるますよね?

今回はそんな場面に出くわした時のために,過去リリースをダウンロードする方法を紹介したいと思います。

目次


ダウンロード方法「お急ぎの方向け」

山形大学ダウンロードサイトからダウンロード

各プラットフォーム別のダウンロードリンクです。

MacOS
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/osx/all-versions/ 

Windows
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/win64/all-versions/ 

ソースコード
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/src/all-versions/ 

 ダウンロード方法「wireshark.orgから順番にたどりたい人向け」

Step1. https://www.wireshark.org を開く

Step2. Downloadのアイコンをクリック

f:id:htbariki:20190321151150p:plain

Step3. More Downloads and documentation can be found on the downloads page. のリンクをクリック

f:id:htbariki:20190321151132p:plain

Step4, Explore our download area をクリック

f:id:htbariki:20190321151113p:plain

Step5, Yamagata University(http,jp)をクリック

f:id:htbariki:20190321151106p:plain

Step6, 利用したいプラットフォームを選択

下の例ではosx(macOS向け)を選択しています。 f:id:htbariki:20190321151141p:plain

Step7, all-versionsを選択

f:id:htbariki:20190321151058p:plain

Step8, 必要なバージョンを選択してダウンロード。

最終的にたどり着くリンクは
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/security/wireshark/osx/all-versions/ 

です。

f:id:htbariki:20190321151122p:plain

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

Wireshark

Wireshark
    Version 2.6.4 (v2.6.4-0-g29d48ec8)

VyOSのタイムゾーンを”JST”に変更する

f:id:htbariki:20181209170249p:plain

VyOSのデフォルトタイムゾーン協定世界時 UTCに設定されています。
日本標準時と9時間ずれているあれです。

今回は,日本に住んでいる自分としてはやりは日本標準時 JSTのほうが
感覚的に理解しやすい事が多いので,VyOSのタイムゾーンを変更してみた話です。

目次


VyOSのデフォルトタイムゾーン

変更する前にインストール直後のVyOSの設定を確認してみます

VyOSで時刻を確認する

時刻の確認は「操作モード$」で

$ show date

コマンドにより確認できます。

vyos@vyos:~$ show date
Sun Dec  9 05:11:48 UTC 2018
vyos@vyos:~$

バッチリ「UTC」表記です。わかりにくい!

VyOSのタイムゾーン設定[操作モード$]

タイムゾーンの設定はsystem{}の中にあります

$ show configuration

コマンドで確認してみます

vyos@vyos:~$ show configuration
system {
    〜
    time-zone UTC
    〜
}

「time-zone UTC」と設定されている事が確認できます

VyOSのタイムゾーン設定[設定モード #]

設定モード#でも確認してみます。
configureコマンドで設定モードに入ったら

show system time-zone

コマンドで確認できます

vyos@vyos# show system time-zone
 time-zone UTC
[edit]
vyos@vyos#

タイムゾーンの変更

time-zone JSTはInvalid timezoneとなる、、。

注意:この設定方法は反映されません
   お急ぎの人は,読み飛ばしてください

デフォルトの設定が「time-zone UTC」なので,安易な考えで
「time-zone JST」と設定を投入してみましたが
見事Invalid timezoneと怒られました、、。

Invalidを無視してcommitしてもCommit failedで保存できません。

vyos@vyos:~$ configure
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# set system time-zone JST
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# commit
[ system time-zone JST ]
Invalid timezone

[[system time-zone]] failed
Commit failed
[edit]
vyos@vyos#

set system time-zoneの種類

time-zone JSTが設定できなかったので
VyOSで設置できるtime-zoneの種類を調べてみます

set system time-zoneのヘルプを確認してみると
VyOSのタイムゾーン設定は"Region/City”の形式で設定するようです。

投入可能な設定のリストを確認してみます

time-zone “Region”のリスト

地域や国の一覧が表示されます
国の中に複数のタイムゾーンを持つ国は”Region”の中に表示されるようです

vyos@vyos# set system time-zone
Possible completions:
   <text>       Local time zone
   Africa
   America
   Antarctica
   Arctic
   Asia
   Atlantic
   Australia
   Brazil
   Canada
   Chile
   Etc
   Europe
   Indian
   Mexico
   Pacific
   SystemV
   US

Detailed information:
  Enter the local timezone by specifying "Region/City"
    Use auto-completion to see available regions and cities.
    Start with one of these regions:
      Africa      America   Antarctica   Arctic   Asia     Atlantic
      Australia   Brazil    Canada       Chile    Europe   Indian
      Mexico      Mideast   Pacific      US



[edit]

time-zone “Asia” Regionのリスト

日本はAsia Regionに含まれるので,Asiaのリストを確認してみます

vyos@vyos# set system time-zone Asia/
Asia/Aden           Asia/Chungking      Asia/Kabul          Asia/Novokuznetsk   Asia/Tashkent
Asia/Almaty         Asia/Colombo        Asia/Kamchatka      Asia/Novosibirsk    Asia/Tbilisi
Asia/Amman          Asia/Dacca          Asia/Karachi        Asia/Omsk           Asia/Tehran
Asia/Anadyr         Asia/Damascus       Asia/Kashgar        Asia/Oral           Asia/Tel_Aviv
Asia/Aqtau          Asia/Dhaka          Asia/Kathmandu      Asia/Phnom_Penh     Asia/Thimbu
Asia/Aqtobe         Asia/Dili           Asia/Katmandu       Asia/Pontianak      Asia/Thimphu
Asia/Ashgabat       Asia/Dubai          Asia/Khandyga       Asia/Pyongyang      Asia/Tokyo
Asia/Ashkhabad      Asia/Dushanbe       Asia/Kolkata        Asia/Qatar          Asia/Ujung_Pandang
Asia/Baghdad        Asia/Gaza           Asia/Krasnoyarsk    Asia/Qyzylorda      Asia/Ulaanbaatar
Asia/Bahrain        Asia/Harbin         Asia/Kuala_Lumpur   Asia/Rangoon        Asia/Ulan_Bator
Asia/Baku           Asia/Hebron         Asia/Kuching        Asia/Riyadh         Asia/Urumqi
Asia/Bangkok        Asia/Ho_Chi_Minh    Asia/Kuwait         Asia/Saigon         Asia/Ust-Nera
Asia/Beirut         Asia/Hong_Kong      Asia/Macao          Asia/Sakhalin       Asia/Vientiane
Asia/Bishkek        Asia/Hovd           Asia/Macau          Asia/Samarkand      Asia/Vladivostok
Asia/Brunei         Asia/Irkutsk        Asia/Magadan        Asia/Seoul          Asia/Yakutsk
Asia/Calcutta       Asia/Istanbul       Asia/Makassar       Asia/Shanghai       Asia/Yekaterinburg
Asia/Chita          Asia/Jakarta        Asia/Manila         Asia/Singapore      Asia/Yerevan
Asia/Choibalsan     Asia/Jayapura       Asia/Muscat         Asia/Srednekolymsk
Asia/Chongqing      Asia/Jerusalem      Asia/Nicosia        Asia/Taipei
[edit]
vyos@vyos# set system time-zone Asia/

「Asia/Tokyo」がありますね。

タイムゾーンを”JST”(Asia/Tokyo)にする

日本のタイムゾーンの設定がAsia/Tokyoという事がわかりましたので

設定してみます

コマンドは設定モード#に入ってから

set system time-zone Asia/Tokyo”

です。

setコマンドで設定したら

  • commit
  • save

をお忘れなく

vyos@vyos# set system time-zone Asia/Tokyo
[edit]
vyos@vyos#
vyos@vyos# commit
[ system time-zone Asia/Tokyo ]
Stopping enhanced syslogd: rsyslogd.
Starting enhanced syslogd: rsyslogd.

[edit]
vyos@vyos# save
Saving configuration to '/config/config.boot'...
Done
[edit]
vyos@vyos#

vyos@vyos#
vyos@vyos# show system time-zone
 time-zone Asia/Tokyo
[edit]
vyos@vyos#

タイムゾーンの確認

無事設定が完了したので
タイムゾーンを確認します

vyos@vyos:~$ show date
Sun Dec  9 14:20:43 JST 2018
vyos@vyos:~$

show dateコマンドの結果は「JST」なんですね、、。ややこしい

参考になれば幸いです

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion
 プロフェッショナル バージョン 11.0.2 (10952296)

VyOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   VMware
HW model:     VMware Virtual Platform
HW S/N:       xxx
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

sshで”WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!”が出力された時の対応方法[macOS]

f:id:htbariki:20181209151529p:plain

dhcp環境で運用していると
同じipアドレスが別なOSに割り振られる事があります

例えばip:192.168.3.5が機能まではCentOSに割り振られていたのに
今日はVyOSに割り振られている状態

dhcpとしては問題ないのですが
クライアントからipアドレス指定でssh接続でアクセスときは注意が必要です

sshクライアントは通常接続した事のあるサーバの公開鍵を
ipアドレス・ホスト名とセットで記憶しているため
サーバのipアドレスが変更になった場合は
「公開鍵が一致しないよ」と警告を出して接続できなくなります

このとき出力されるメッセージが

 ”WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!”

です。

今回はこの警告が出力された時の対応を紹介します

※試した環境は,この記事の最後にある通りmacOS+sshです。

目次


警告 ”WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!”

さて早速。出力される警告メッセージの紹介から

今回は192.168.3.5が割り振られたsshサーバが
前回接続したときから別のホストに変わってしまったときの例です。

MacBookPro:~ MBPR$ ssh vyos@192.168.3.5
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is
SHA256:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /Users/MBPR/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending RSA key in /Users/MBPR/.ssh/known_hosts:23
RSA host key for 192.168.3.5 has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.
MacBookPro:~ MBPR$

”Host key verification failed.”で接続できなくなっています

 known_hostsの状態

今回接続しようとしている192.168.3.5のvyosは一度もssh接続したことはありません
known_hostsには何もない状態のハズなのですが、、。

コマンド $ cat .ssh/known_hosts |grep 192.168.3.5

で確認してみます

しっかりレコードが含まれているね。
別のOSに192.168.3.5が割り振られているときに接続したときに記録されてのでしょう

MacBookPro:~ MBPR$ cat .ssh/known_hosts |grep 192.168.3.5
192.168.3.5 ssh-rsa AAAAB3NzaC1y〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜BAQC/OOkimO4cmII8sGfqotAZU9ss/NyK/1d4RxoYh2qTEVmc5SPFuE3LbesCTS6a7j4RQSl〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜QNHt9Ldhgl/NAVMb
MacBookPro:~ MBPR$

 known_hostsから不用なレコードを消す方法

known_hostsから不用なレコードを消す方法は

  • known_hostsを該当行をviなどのエディタで削除する
  • ssh-keygenコマンドで削除する

です。known_hostsの行数が少ないうちはエディタで削除しても手間ではないですが
数が多くなってくると探すのも,消すのも手間です。

エディタで削除する前に①バックアップをとって、②エディタで開いて、③該当行を検索して、④削除して、⑤確認して、、、
やっぱり手間です。

この手間を省いてくれるのがssh-keygenコマンド。私はこの方法をおすすめします

コマンドは

ssh-keygen -R 削除対象のホスト

です。実行すると自動でknown_hosts.oldのファイル名でバックアップまで取得してくれます

MacBookPro:~ MBPR$ ssh-keygen -R 192.168.3.5
# Host 192.168.3.5 found: line 23
/Users/MBPR/.ssh/known_hosts updated.
Original contents retained as /Users/MBPR/.ssh/known_hosts.old
MacBookPro:~ MBPR$

本当に削除されているかgrepで確認してみます

MacBookPro:~ MBPR$
MacBookPro:~ MBPR$ cat .ssh/known_hosts |grep 192.168.3.5
MacBookPro:~ MBPR$

しっかり削除されていますね。簡単です。

ssh接続

known_hostsもきれいになったので
ssh接続してみます

MacBookPro:~ MBPR$ ssh vyos@192.168.3.5
The authenticity of host '192.168.3.5 (192.168.3.5)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxJI.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.3.5' (RSA) to the list of known hosts.
Welcome to VyOS
vyos@192.168.3.5's password:
Linux vyos 3.13.11-1-amd64-vyos #1 SMP Sat Nov 11 12:10:30 CET 2017 x86_64
Welcome to VyOS.
This system is open-source software. The exact distribution terms for
each module comprising the full system are described in the individual
files in /usr/share/doc/*/copyright.
Last login: Sun Dec  9 02:00:03 2018
vyos@vyos:~$

無事接続できるようになりましたね!

参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

VyOS on VMware Fusionのinstall方法紹介

f:id:htbariki:20181209114909p:plain

VyOS(https://wiki.vyos-users.jp/index.php/)を
VMware Fusionにインストールしてみたので
手順を紹介します。

参考にしてみてくだいさ

目次


VyosのDownload

まずはVyosのイメージをダウンロードします
ダウンロードページは

https://vyos.io

です。

今回はVMware Fusion上にインストールするので「VyOS on VMWare」をクリックします。

f:id:htbariki:20181209114850p:plain クリックすると〜.ovaファイルのダウンロードが始まります。

VyOS on VMWareのinstall

仮想マシンのインポート

〜.ovaファイルから仮想マシンをインポートしていきます。
まず仮想マシンのライブラリ画面から「+」ボタンをクリックします
f:id:htbariki:20181209114826p:plain

表示された画面から「インポート...」を選択します。

f:id:htbariki:20181209114937p:plain

仮想マシンの選択

「既存の仮想マシンを選択」の画面が表示されたら
前の手順でダウンロードしておいた〜.ovaファイルを選択します。

※画面は選択前の状態です。

f:id:htbariki:20181209114844p:plain

〜.ovaファイルを選択すると「最近の項目:」に
vyos-1.1.8-amd64ovaファイルが表示されます

f:id:htbariki:20181209114925p:plain

仮想マシンの保存場所の確認を求められます。

デフォルトの「仮想マシン」フォルダから変更したい場合
「場所」からフォルダを変更してください

デフォルトのままでよければ「保存」をクリックします

f:id:htbariki:20181209114855p:plain

仮想マシンのインポート開始

仮想マシンのインポートが開始されます
ステータスバーが進むのを確認して、インポート完了まで少し待ちます

f:id:htbariki:20181209114912p:plain

仮想マシンの構成完了確認

インポートが完了すると「完了」画面が表示されます
仮想マシンの概要」を確認して問題なければ「終了」ボタンを押してインポート完了です

※ネットワークの割当はデフォルトでは「自動検出(ブリッジ)」になっています
 クローズネットワークで試したい場合などは「設定のカスタマイズ」から変更してください

f:id:htbariki:20181209114918p:plain

VyOSの起動

インポートが完了したら「仮想マシンのライブラリ」に
VyOSが表示されています

「vyos-1.1.80amd64」の仮想マシンを選択して起動します

f:id:htbariki:20181209114838p:plain

仮想マシンのアップグレード

1回目の起動時に仮想マシンのアップグレードを確認されます
特別な要件がなければ「アップグレード」を選択します

f:id:htbariki:20181209114832p:plain

参考 起動画面(コンソール)

起動時のコンソールを確認すると,ほとんどLinux
VyOSはDebian GNU/Linuxをベースに作成されているので,中身はLinuxですね

f:id:htbariki:20181209114819p:plain

f:id:htbariki:20181209114930p:plain

f:id:htbariki:20181209114812p:plain

VyOSの起動完了

コンソール上に「vyos login:」と表示されれば起動完了です。
VyOSにログインして設定を進められるます

f:id:htbariki:20181209114902p:plain VirtualBoxへのインストールと比較して
やはりVMware Fusionは有料製品だけあって、動作がスムーズな気がします
同じホストマシンを使っていても起動がサクッと動く感じです。

道具が気持ちよく動くって事は大事です。
Fusionのライセンス購入に迷ってるのであれば,Fusion試用版もあるので試してください

参考になれば幸いです。

[参考]初期ユーザとパスワード

初期ユーザーとパスワードはユーザーガイドに記載されています。
https://wiki.vyos.net/wiki/User_Guide 

念の為,該当部分を抜粋しておきます。

The VyOS ISO is a Live CD and will boot to a functional VyOS image. To login to the system, use the default username:password of: vyos:vyos

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14.1 (18B75)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.2.0

仮想化基盤

VMware Fusion
 プロフェッショナル バージョン 11.0.2 (10952296)

VyOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   VMware
HW model:     VMware Virtual Platform
HW S/N:       xxx
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

VyOSをdhcpクライアントにしてipアドレスを再取得する

f:id:htbariki:20181208113618p:plain

我が家のVyOSはMacBook PRO上に仮想マシンとして構築してあります。
MacBookWi-Fiでネットワークに接続されており
DHCPサーバからIPアドレスを取得します。

そのためVyOSもDHCP clientとして動作させているのですが
DHCPあるあるで、たまに通信できない状態になる事があるのです

端末(MacBook)は簡単にDHCPのアドレス再取得可能ですが
VyOSでipアドレスを再取得するたにはどのようなコマンド利用すればよいか?

という事を試してみましたので,紹介します。
参考になれば幸いです。

目次


この記事のネットワーク図

この記事で説明する操作のネットワーク環境です。

VyOSには「192.168.3.5」のipアドレスdhcpから割り振られています
DHCP Serverのアドレスは「192.168.3.1」が設定されています

f:id:htbariki:20181208113621p:plain

VyOSのインターフェース設定

VyOSのインターフェースeth0の設定です
このインターフェースがdhcp clientとして動作します

interfaces {
    ethernet eth0 {
        address dhcp
        duplex auto
        hw-id 08:00:27:4a:04:4b
        smp_affinity auto
        speed auto
    }
}

VyOSのインターフェースeth0の状態[$ show interfaces]

show interfacesコマンドで現在の状態を確認しておきます

vyos@vyos:~$ show interfaces
Codes: S - State, L - Link, u - Up, D - Down, A - Admin Down
Interface        IP Address                        S/L  Description
---------        ----------                        ---  -----------
eth0             192.168.3.5/24                    u/u
eth1             -                                 u/u
lo               127.0.0.1/8                       u/u
                 ::1/128
vyos@vyos:~$ 

VyOSのdhcpクライアントの状態(再取得前)[$ show dhcp client leases]

dhcp clientの状態を確認するには
show dhcp client leasesコマンドで確認します

vyos@vyos:~$ show dhcp client leases
interface  : eth0
ip address : 192.168.3.5        [Active]
subnet mask: 255.255.255.0
router     : 192.168.3.1
name server: 192.168.3.1
dhcp server: 192.168.3.1
lease time : 86400
last update: Sat Nov 24 14:29:40 UTC 2018
expiry     : Sun Nov 25 14:29:40 UTC 2018
reason     : BOUND

vyos@vyos:~$

VyOSでipアドレスを再取得する [$ renew dhcp interface]

本題のipアドレス再取得のコマンドは
renew dhcp interface インターフェース名
です。このコマンドでDHCPサーバからIPアドレスを再取得します

vyos@vyos:~$ renew dhcp interface eth0
Renewing DHCP lease on eth0 ...
vyos@vyos:~$

VyOSのdhcpクライアントの状態(再取得後)[$ show dhcp client leases]

再取得できたか再度 show dhcp clientコマンドで確認してみます
この例ではipアドレスの変更はありませんでしたが
「last update:」の時間が更新されています

vyos@vyos:~$ show dhcp client leases
interface  : eth0
ip address : 192.168.3.5        [Active]
subnet mask: 255.255.255.0
router     : 192.168.3.1
name server: 192.168.3.1
dhcp server: 192.168.3.1
lease time : 86400
last update: Sat Nov 24 14:34:16 UTC 2018
expiry     : Sun Nov 25 14:34:16 UTC 2018
reason     : REBOOT

vyos@vyos:~$

無事再取得できました。参考になれば幸いです。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Mojave
  システムのバージョン:    macOS 10.14 (18A391)
  カーネルのバージョン:    Darwin 18.0.0

仮想化基盤

VirtualBox
 VirtualBox バージョン 5.2.22 r126460 (Qt5.6.3)
 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.2.22r126460

ゲストOS

vyos@vyos:~$ show version
Version:      VyOS 1.1.8
Description:  VyOS 1.1.8 (helium)
Copyright:    2017 VyOS maintainers and contributors
Built by:     maintainers@vyos.net
Built on:     Sat Nov 11 13:44:36 UTC 2017
Build ID:     1711111344-b483efc
System type:  x86 64-bit
Boot via:     image
Hypervisor:   KVM
HW model:     VirtualBox
HW S/N:       0
HW UUID:      xxxx
Uptime:       xxx

vyos@vyos:~$

スポンサーリンク