一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

GNS3にIOSイメージを登録する[macOS]

### 広告 ###

Cisco IOSをエミュレートしてくれるGNS3。
今回はCisco IOSイメージを登録しみます。

  • GNS3の紹介はこの記事を参考にして下さい

ichibariki.hatenablog.com

目次


登録画面の呼び出し

  • ルータマークをクリック 
  • New appliance templateをクリック

f:id:htbariki:20180505152555p:plain

 New appliance template画面

  • Add an IOS router using a real IOS imageを選択

f:id:htbariki:20180505152606p:plain

New IOS router template 画面

  • New Image を選択し
  • BrowseボタンからIOS imageを選択

f:id:htbariki:20180505152541p:plain

  • 出力されるポップアップにYesを選択 f:id:htbariki:20180505152550p:plain

New IOS router画面

  • 名前とプラットフォームの選択画面
  • デフォルトのまま「Next >」を選択 f:id:htbariki:20180505152635p:plain

    Network adaptersの選択

  • 次の画面もデフォルトのまま「Next > 」

f:id:htbariki:20180505152611p:plain

Idle-PC値の選択

  • 「Idle-PC finder」ボタンをクリック f:id:htbariki:20180505152615p:plain

  • 下の画面が表示されてしばらく待つ f:id:htbariki:20180505152602p:plain

  • Idle-PCをが見つかったら「OK」をクリック

f:id:htbariki:20180505152546p:plain

  • Idle-PCに値が入力される事を確認し「Finish」をクリック f:id:htbariki:20180505152620p:plain

Preferences画面

  • IOS router templates画面に登録されている事を確認し「OK」をクリック

f:id:htbariki:20180505152627p:plain

登録されたIOSイメージを利用する

  • ルータマークをクリック
  • installed appliancesを選択

f:id:htbariki:20180505152649p:plain

  • インストールされたルータを画面に配置

f:id:htbariki:20180505152640p:plain これでGNS3でIOSイメージが利用できるようになりました。
配置したIOSイメージにconfigを投入して動作を確認してみて下さい。

試した環境

ホストOS

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS High Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.13.3 (17D102)
 カーネルのバージョン:    Darwin 17.4.0

GNS3

GNS3 Version 2.1.4