一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

macOSに最新版のPythonをインストールする

### 広告 ###

毎度。一馬力です。

今日はmacOSに最新版のPythonをインストールしてみます。
macOSにはPython2.7が初めからインストールされていますが
本格的にPythonを使い始めるのであれば,最新版をインストールする事をオススメします

f:id:htbariki:20170504062921p:plain

お勉強にはプリインストール版で問題ないかもしれませんが
本気で作ったプログラム,バグや脆弱性に悩まされたくないですよね?

という事でインストール方法の紹介です。

目次


プリインストールPythonのバージョン確認

macOSにインストールされているPythonのバージョンを確認してみます。
バージョン確認のコマンドはpython -Vです

MacBookPro: MBPR$ python -V
Python 2.7.10
MacBookPro: MBPR$

デフォルトではPython 2.7.10がインストールされている事が分かります

最新版Pythonのダウンロード

Pythonのページ(https://www.python.org) > Downloadから
最新版のPythonがダウンロードできます

Pythonは2系,3系がありますが,今回はPython2.7.13を選択しています

f:id:htbariki:20170504062919p:plain

Pythonのインストール

ダウンロードしたインストーラ
python-2.7.13-macosx10.6.pkgを実行するとインストール開始です

あとは画面の指示にしたがって”続ける”クリック,クリック,クリックです

私の環境でインストールした際の画面をアップしておきます
参考にして下さい

f:id:htbariki:20170504062911p:plain f:id:htbariki:20170504062848p:plain f:id:htbariki:20170504062845p:plain f:id:htbariki:20170504062906p:plain f:id:htbariki:20170504062916p:plain

f:id:htbariki:20170504062857p:plain

f:id:htbariki:20170504062851p:plain f:id:htbariki:20170504062903p:plain f:id:htbariki:20170504062900p:plain

(参考)インストール完了後Launchpadに3つアイコンが増えてました

 Launchpadのアイコン

f:id:htbariki:20170504062909p:plain

Build Applet 実行画面

f:id:htbariki:20170504062854p:plain

IDLE 実行画面

f:id:htbariki:20170504062842p:plain

Python Launcher実行画面

f:id:htbariki:20170504062914p:plain f:id:htbariki:20170504062839p:plain

インストール後のバージョン

インストールが完了したら,最新版に更新されているか確認してみましょう。
バージョン確認のコマンドはpython -Vです

MacBookPro: MBPR$ python -V
Python 2.7.13
MacBookPro: MBPR$

無事インストール完了ですね。
みなさんもMacを使うなら”最高を最初から"ですよね?(ちょい古すぎ??)

以上でした。

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.4 (16E195)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.5.0