読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

「mecab-ipadic-NEologd」なら「ピコ」「太郎」もバッチリ「ピコ太郎」

MeCab (和布蕪) Mac

毎度。一馬力です。

MeCab (和布蕪)をインストールして色々と形態素解析を始めると

ichibariki.hatenablog.com

mecab-ipadic」の利用だけでは難しいシーンに出くわします。

例えばこんな文章

「ピコ太郎のアッポーペンって面白いよね」

これを「MeCab 」+「mecab-ipadic」で形態素解析すると

iMac:~ ichibariki$ mecab -d /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
ピコ太郎のアッポーペンって面白いよね
ピコ     名詞,固有名詞,一般,*,*,*,ピコ,ピコ,ピコ
太郎     名詞,固有名詞,地域,一般,*,*,太郎,タロウ,タロー
の     助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
アッポーペン     名詞,一般,*,*,*,*,*
って     助詞,格助詞,連語,*,*,*,って,ッテ,ッテ
面白い     形容詞,自立,*,*,形容詞・アウオ段,基本形,面白い,オモシロイ,オモシロイ
よ     助詞,終助詞,*,*,*,*,よ,ヨ,ヨ
ね     助詞,終助詞,*,*,*,*,ね,ネ,ネ
EOS
iMac:~ ichibariki$

ピコ太郎さんが

  • ピコ     名詞,固有名詞,一般,,,*,ピコ,ピコ,ピコ
  • 太郎     名詞,固有名詞,地域,一般,,,太郎,タロウ,タロー

っておいっ!!どこの太郎さんだよぃ!!って感じに。

これを解決してくれるのが,「mecab-ipadic-NEologd」です。

目次


mecab-ipadic-NEologd とは

mecab-ipadic-NEologdのREADMEを見てみると
https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd/blob/master/README.ja.md

mecab-ipadic-NEologd とは

mecab-ipadic-NEologd は、多数のWeb上の言語資源から得た新語を追加することでカスタマイズした MeCab 用のシステム辞書です。

との事。さらに

*ネット上で流行した単語や慣用句やハッシュタグをエントリ化したデータ

であれば,ピコ太郎さんもきれいに分割してくれるはず!

mecab-ipadic-NEologdのインストール(前提パッケージ)

基本的にはmecab-ipadic-NEologdのREADME通りにインストールすれば問題ないのですが
https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd/blob/master/README.ja.md

試して見た結果Macに必要な前提は

  • Homebrew
  • brewコマンドでインストールするもの(READMEから抜粋)

コマンド:$ brew install mecab mecab-ipadic git curl xz

のようです。

特にxzパッケージは私のMacへは未導入でした。

参考:install-mecab-ipadic-neologdに記載されている必要コマンド

install-mecab-ipadic-neologdのソースを確認すると
300行目付近に必要なコマンドが記載されていました。

find sort head cut egrep mecab mecab-config make curl sed cat diff tar unxz xargs grep iconv patch which file openssl awk

mecab-ipadic-NEologdのインストール

mecab-ipadic-NEologdのダウンロード

mecab-ipadic-NEologdはgitコマンドでダウンロードします。
インストール作業はどのディレクトリで実施しても問題ないですが,私の場合は
Downloadsディレクトリで実施しました。

iMac:Downloads ichibariki$ pwd
/Users/ichibariki/Downloads

ダウンロードはgitコマンドで

コマンド:git clone --depth 1 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd.git

iMac:Downloads ichibariki$ git clone --depth 1 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd.git
Cloning into 'mecab-ipadic-neologd'…


iMac:Downloads ichibariki$ cd mecab-ipadic-neologd/
iMac:mecab-ipadic-neologd ichibariki$ du -sh
116M     .
iMac:mecab-ipadic-neologd ichibariki$

ダウンロード後のサイズは116Mでした。

mecab-ipadic-NEologdのインストール

インストールはgit cloneしたディレクトリ(〜/Downloads/mecab-ipadic-neologd/)に移動して

コマンド:/bin/install-mecab-ipadic-neologd -n -a

で開始できます。
今回指定したオプション「 -n -a」は全部盛りでインストールを意味します。
ただし、容量が大きくなるため最低メモリ使用量は2GByte弱必要との事
インストール環境によってはREADMEを見ながらオプションを変えて下さい

iMac:mecab-ipadic-neologd ichibariki$ ./bin/install-mecab-ipadic-neologd -n -a
[install-mecab-ipadic-NEologd] : Start..
[install-mecab-ipadic-NEologd] : Check the existance of libraries
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     find => ok
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     sort => ok
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     head => ok
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     cut => ok
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     egrep => ok
[install-mecab-ipadic-NEologd] :     mecab => ok

〜ここでしばらく時間がかかります〜

[install-mecab-ipadic-NEologd] : Install completed.
[install-mecab-ipadic-NEologd] : When you use MeCab, you can set '/usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd' as a value of '-d' option of MeCab.
[install-mecab-ipadic-NEologd] : Usage of mecab-ipadic-NEologd is here.
Usage:
    $ mecab -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd ...

[install-mecab-ipadic-NEologd] : Finish..
[install-mecab-ipadic-NEologd] : Finish..
iMac:mecab-ipadic-neologd ichibariki$

しばらくまって「[install-mecab-ipadic-NEologd] : Install completed.」が表示されれば
インストール完了です。

再度mecab-ipadic-NEologdでピコ太郎

さてさて,mecab-ipadic-NEologdのインストールが完了したので
再度

「ピコ太郎のアッポーペンって面白いよね」

形態素解析してみると

iMac:~ ichibariki$ mecab -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd
ピコ太郎のアッポーペンって面白いよね
ピコ太郎     名詞,固有名詞,人名,一般,*,*,ピコ太郎,ピコタロウ,ピコタロー
の     助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
アッポーペン     名詞,固有名詞,一般,*,*,*,アッポーペン,アッポーペン,アッポーペン
って     助詞,格助詞,連語,*,*,*,って,ッテ,ッテ
面白い     形容詞,自立,*,*,形容詞・アウオ段,基本形,面白い,オモシロイ,オモシロイ
よ     助詞,終助詞,*,*,*,*,よ,ヨ,ヨ
ね     助詞,終助詞,*,*,*,*,ね,ネ,ネ
EOS

ピコ太郎さんが

  • ピコ太郎     名詞,固有名詞,人名,一般,,,ピコ太郎,ピコタロウ,ピコタロー

無事にどっかの太郎さんではなく,「ピコ太郎」で認識できました。

めでたしめでたし。
mecab-ipadic-NEologdは新語もバッチリ解析可能です。お試しあれ

参考資料

試した環境

iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB 高速無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth FaceTimeHDカメラ スピーカー内蔵 省スペース液晶一体型デスクトップパソコン ワイヤレスキーボード・マウス付属

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.2 (16C67)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.3.0
iMac:~ ichibariki$ mecab -v
    mecab of 0.996

HomebrewでインストールしたMeCabの設定ファイル(mecabrc)の保存場所

MeCab (和布蕪) Mac

毎度。一馬力です。

MeCab (和布蕪)の辞書の調べ方は分かった。

ichibariki.hatenablog.com

では,そもそもどこで設定してるんだ?という話。

目次


前提

  • この話はmacOSでの話です。
  • MeCab (和布蕪)はHomebrewでインストールしました。

MeCabの初期設定ファイルの保存場所

Mecabの初期設定ファイル名はmecabrc
MacでHomebrewを利用しインストールした場合のデフォルト設定ファイルの保存場所は

/usr/local/etc/mecabrc

実際に確認してみると

Mac:etc ichibariki$ pwd
/usr/local/etc
iMac:etc ichibariki$
iMac:etc ichibariki$ ls -l
total 8
-rw-r--r--  1 ichibariki  admin  295 12 17 22:37 mecabrc
iMac:etc ichibariki$
iMac:etc ichibariki$ cat mecabrc
;
; Configuration file of MeCab
;
; $Id: mecabrc.in,v 1.3 2006/05/29 15:36:08 taku-ku Exp $;
;
dicdir =  /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic

; userdic = /home/foo/bar/user.dic

; output-format-type = wakati
; input-buffer-size = 8192

; node-format = %m\n
; bos-format = %S\n
; eos-format = EOS\n

iMac:etc ichibariki$

辞書の変更が必要な場合は/usr/local/etc/mecabrcをを編集して

dicdir =  /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic

を書き換える事で変更できる。

参考資料

試した環境

iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB 高速無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth FaceTimeHDカメラ スピーカー内蔵 省スペース液晶一体型デスクトップパソコン ワイヤレスキーボード・マウス付属

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.2 (16C67)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.3.0
iMac:~ ichibariki$ mecab -v
    mecab of 0.996

コマンド一発で「MeCab (和布蕪)用の辞書(dicdir)ってどこに保存したっけ?」を調べる方法

MeCab (和布蕪) Mac

毎度。一馬力です。

無事MacMeCab (和布蕪)をインストールする事が出来て

ichibariki.hatenablog.com

すもももももももものうち」って形態素解析していたのですが
MeCab (和布蕪)の辞書ってどこに保存されているんだ?っと気になって調べたのでメモメモ

 MeCab (和布蕪)も辞書もbrewコマンドでサクッとインストールしたので  インストールパスなど導入時には気にしていませんでした。

目次


MeCab (和布蕪)のパラメータをダンプするコマンド

MeCab (和布蕪)のパラメータを全て表示したい場合は

コマンド:mecab -P

iMac:~ ichibariki$ mecab -P
bos-feature: BOS/EOS,*,*,*,*,*,*,*,*
bos-format:
config-charset: EUC-JP
cost-factor: 700
dicdir: /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
dump-config: 1
eon-format:
eos-format: EOS\n
eos-format-chasen: EOS\n
eos-format-chasen2: EOS\n
eos-format-simple: EOS\n
eos-format-yomi: \n
eval-size: 8
lattice-level: 0
max-grouping-size: 24
nbest: 1
node-format: %m\t%H\n
node-format-chasen: %m\t%f[7]\t%f[6]\t%F-[0,1,2,3]\t%f[4]\t%f[5]\n
node-format-chasen2: %M\t%f[7]\t%f[6]\t%F-[0,1,2,3]\t%f[4]\t%f[5]\n
node-format-simple: %m\t%F-[0,1,2,3]\n
node-format-yomi: %pS%f[7]
theta: 0.75
unk-eval-size: 4
unk-format: %m\t%H\n
unk-format-chasen: %m\t%m\t%m\t%F-[0,1,2,3]\t\t\n
unk-format-chasen2: %M\t%m\t%m\t%F-[0,1,2,3]\t\t\n
unk-format-yomi: %M
iMac:~ ichibariki$

MeCabユーザー辞書の場所を調べる

MeCab (和布蕪)のユーザー辞書の場所だけ確認できればOKであれば

コマンド:mecab -P|grep ^dicdir

iMac:~ ichibariki$ mecab -P|grep ^dicdir
dicdir: /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
iMac:~ ichibariki$

MeCabのヘルプ

参考までに,MeCab (和布蕪)のヘルプを表示するためには

コマンド:mecab -h

iMac:~ ichibariki$ mecab -h
MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer

Copyright(C) 2001-2012 Taku Kudo
Copyright(C) 2004-2008 Nippon Telegraph and Telephone Corporation

Usage: mecab [options] files
-r, --rcfile=FILE              use FILE as resource file
-d, --dicdir=DIR               set DIR  as a system dicdir
-u, --userdic=FILE             use FILE as a user dictionary
-l, --lattice-level=INT        lattice information level (DEPRECATED)
-D, --dictionary-info          show dictionary information and exit
-O, --output-format-type=TYPE  set output format type (wakati,none,...)
-a, --all-morphs               output all morphs(default false)
-N, --nbest=INT                output N best results (default 1)
-p, --partial                  partial parsing mode (default false)
-m, --marginal                 output marginal probability (default false)
-M, --max-grouping-size=INT    maximum grouping size for unknown words (default 24)
-F, --node-format=STR          use STR as the user-defined node format
-U, --unk-format=STR           use STR as the user-defined unknown node format
-B, --bos-format=STR           use STR as the user-defined beginning-of-sentence format
-E, --eos-format=STR           use STR as the user-defined end-of-sentence format
-S, --eon-format=STR           use STR as the user-defined end-of-NBest format
-x, --unk-feature=STR          use STR as the feature for unknown word
-b, --input-buffer-size=INT    set input buffer size (default 8192)
-P, --dump-config              dump MeCab parameters
-C, --allocate-sentence        allocate new memory for input sentence
-t, --theta=FLOAT              set temparature parameter theta (default 0.75)
-c, --cost-factor=INT          set cost factor (default 700)
-o, --output=FILE              set the output file name
-v, --version                  show the version and exit.
-h, --help                     show this help and exit.

試した環境

iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB 高速無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth FaceTimeHDカメラ スピーカー内蔵 省スペース液晶一体型デスクトップパソコン ワイヤレスキーボード・マウス付属

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.2 (16C67)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.3.0
iMac:~ ichibariki$ mecab -v
    mecab of 0.996

Macで「すもももももももものうち」。MeCab (和布蕪)で形態素解析したい!

MeCab (和布蕪) Mac

毎度。一馬力です。

すもももももももものうち」。

文脈抜きにして意味が分かったあなた。人間ですね?
そして、日本語が得意と見た!素晴らしい。

我が家のMacはだめなんです。「すもももももももものうち」。
これ,分かってくれないんです。

今回は。Macに「すもももももももものうち」を分かってもらうために
形態素解析(文章を意味を持つ最小単位に分け分けする。)してみよう!
というお話。

形態素解析google先生で調べるとMeCabという形態素解析エンジンがあるんです。

MeCab (和布蕪):オープンソース 形態素解析エンジン。
http://taku910.github.io/mecab/taku910.github.io

では早速。我が家のMacにも「すもももももももものうち」分け分けしてもらいましょう!

目次


MeCab (和布蕪)のインストールに必要なもの

MeCabのインストール方法は色々あるようですが
今回はMac用のパッケージマネージャー「Homebrew」を利用してサクッとインストールします。

前提となるソフトウェアは

  • Homebrew : Mac用のパッケージマネージャー
  • Command Line Tools  for Xcode : Homebrewのインストールに必要

の2つです。

前提ソフトウェアのインストール方法

Homebrewのインストール 1周め

HomeBrewのページ(http://brew.sh/index_ja.html)にアクセスして、インストール方法を確認します。

記載の通り

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

コマンドを実行する所からスタートです。

f:id:htbariki:20170109103054p:plain

実行するとスクリプトが動作してインストールが始まります

iMac:~ ichibariki$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew

途中でスクリプトからsudoコマンドを入力するために
パスワードを求められます。

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod u+rwx /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/man /usr/local/share/man/man1
Password: ★パスワードの入力★

さらにスクリプトが進むと
Command Line Tools  for Xcodeスクリプトからインストールしに行きます

==> Searching online for the Command Line Tools
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/touch /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
==> Installing Command Line Tools (macOS Sierra version 10.12) for Xcode-8.2
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/softwareupdate -i Command\ Line\ Tools\ (macOS\ Sierra\ version\ 10.12)\ for\ Xcode-8.2
Software Update Tool
Copyright 2002-2015 Apple Inc.


Downloading Command Line Tools (macOS Sierra version 10.12) for Xcode
Downloaded Command Line Tools (macOS Sierra version 10.12) for Xcode
Installing Command Line Tools (macOS Sierra version 10.12) for Xcode

Command Line Tools  for Xcodeが導入されていない場合,またはアップデートが必要な場合 スクリプトはここで止まってしまいます。

スクリプトから目を話してデスクトップを確認すると,
下の画像のようにソフトウェアアップデートが起動しています。

Command Line Tools が前提をなりますので、アップデート(インストール)して下さい。
 注意:アップデートは再起動が必要です。
アップデート完了したら再起動も忘れずに!

f:id:htbariki:20170109103058p:plain

Homebrewのインストール 2周め

Command Line Tools のアップデートが完了したら
Homebrewのインストールの2周めです。
先程同様にスクリプトを実行していきます。

スクリプトの実行

iMac:~ ichibariki$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew

sudo実行のためパスワード入力

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /Users/ichibariki/Library/Caches/Homebrew
Password: ★パスワード入力

スクリプトが進んで「==> Installation successful!」が表示されれば完了です。

==> Downloading and installing Homebrew...
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
https://git.io/brew-analytics

==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation:
https://git.io/brew-docs
iMac:~ ichibariki$

ココまででMeCab導入の前提はクリアです。
ここからはbrewコマンドでサクサクと進んでいきます

MeCab (和布蕪)のインストール

mecab関連のパッケージを探す

ここからが本題のMeCab (和布蕪)インストールとなります。

インストールはbrewコマンドで。
パッケージマネージャーHomebrewにMeCab (和布蕪)を探してみます。

コマンド:brew search mecab

iMac:~ ichibariki$ brew search mecab
mecab                    mecab-ipadic             mecab-jumandic           mecab-ko                 mecab-ko-dic             mecab-unidic
homebrew/php/php53-mecab                          homebrew/php/php55-mecab                          homebrew/php/php70-mecab
homebrew/php/php54-mecab                          homebrew/php/php56-mecab                          homebrew/php/php71-mecab

mecab関連のパッケージが色々と表示されますが,今回は”mecab”をインストールします。

mecabをインストールする

インストールは簡単

コマンド:brew install  mecab

で一発です。

iMac:~ ichibariki$ brew install  mecab
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/mecab-0.996.sierra.bottle.2.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring mecab-0.996.sierra.bottle.2.tar.gz
==> Using the sandbox
🍺  /usr/local/Cellar/mecab/0.996: 18 files, 4.2M
iMac:~ ichibariki$
iMac:~ ichibariki$
iMac:~ ichibariki$

インストールが完了したので,とりあえず動かすと辞書が無いって怒られる、、、。のです。
急がばまわれです。

iMac:~ ichibariki$ mecab
param.cpp(69) [ifs] no such file or directory: /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic/dicrc
iMac:~ ichibariki$

mecab-ipadicのインストール

MeCab (和布蕪)に必要な辞書をインストールしていきます。
パッケージは「mecab-ipadic」です。

コマンド: brew install  mecab-ipadic

iMac:~ ichibariki$ brew install  mecab-ipadic
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring mecab-ipadic-2.7.0-20070801.sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
To enable mecab-ipadic dictionary, add to /usr/local/etc/mecabrc:
  dicdir = /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/mecab-ipadic/2.7.0-20070801: 15 files, 50.6M
iMac:~ ichibariki$
iMac:~ ichibariki$
iMac:~ ichibariki$

これでやっと「すもももももももものうち」を分かってもらえる準備が完了しました。

MeCab (和布蕪)で「すもももももももものうち

さて念願の。Macすもももももももものうちを分け分けして理解してもらいましょう!
mecabコマンドを動かしてみます。

mecabコマンドを入力したら。「すもももももももものうち」。

名詞の「すもも」と「もも」。助詞の「も」。を分けて理解してくれました!
賢くなったねMac君。素晴らしい!!

mecabコマンド終了するときは「Ctrl-D」です。

iMac:~ ichibariki$ mecab
すもももももももものうち
すもも     名詞,一般,*,*,*,*,すもも,スモモ,スモモ
も     助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも     名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
も     助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも     名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
の     助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
うち     名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,うち,ウチ,ウチ
EOS
iMac:~ ichibariki$

なんとかMeCab (和布蕪)で形態素解析できるようになりました。
日本語って難しい。人間ってすごいですね。

みなさんのMacMeCab (和布蕪)で少し賢くしてみませんか?

試した環境

iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB 高速無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth FaceTimeHDカメラ スピーカー内蔵 省スペース液晶一体型デスクトップパソコン ワイヤレスキーボード・マウス付属

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.2 (16C67)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.3.0

iMac:~ ichibariki$ brew -v
    Homebrew 1.1.5
    Homebrew/homebrew-core (git revision 06aa; last commit 2016-12-18)

iMac:~ ichibariki$ mecab -v
    mecab of 0.996

VMware Remote Console (VMRC)でMacからゲストOSのコンソールを開く方法

ESXi Mac VMware

毎度。一馬力です。

VMware Host Client が利用できて,ESXiでのゲストOS操作もホクホクです。
ichibariki.hatenablog.com

今回はさらに欲を出して、MacからゲストOSのコンソールを快適に操作する方法を紹介します。

VMware Remote Console 9.0 for Mac でサクサクゲストOSを操作しよう!

って話です。

目次


 VMware Remote Console (VMRC)のダウンロード

VMware Host Client からゲストOSを選択します。

選択後

  • アクション
  • コンソール
  • VMRCのダウンロード

の順にたどっていって下さい

f:id:htbariki:20161210163410p:plain

上の手順でブラウザ上にダウンロードページが表示されます。
ダウンロードからVMware Remote Console 9.0 for Macをダウンロードして下さい。

環境的にインターネットに繋げられない場合は下のリンクからダウンロードして下さい

ダウンロード VMware Remote Console 9.0
https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=VMRC90&productId=491#product_downloads 

f:id:htbariki:20161210163422p:plain

ダウンロードをクリックするとMy VMwareにログインを求められます。
アカウントを持っていない場合は登録が必要となります。

f:id:htbariki:20161210163416p:plain 無事ログインできたら
エンドユーザー使用許諾契約書の内容を確認して “同意する”をクリックです。

ダウンロードがはじまります。

f:id:htbariki:20161210163435p:plain

VMRCの起動

ダウンロードが完了したら,ダウンロード済みのファイル

"VMware-Remote-Console-9.0.0-4288332.dmg” をクリックして下さい

後は,表示される画面を確認しながら先に進めていけばOKです。

f:id:htbariki:20161210163402p:plain

f:id:htbariki:20161210163427p:plain

f:id:htbariki:20161210163359p:plain

f:id:htbariki:20161210163355p:plain f:id:htbariki:20161210163407p:plain

VMRCを利用してゲストOSのコンソールを開く

前までのステップで,事前準備は完了
つづいて、再度VMware Host Client からゲストOSを選択します。

選択後

  • アクション
  • コンソール
  • リモートコンソールを起動

の順にたどっていって下さい

表示されるウィンドウを順番にクリアしていくと
ゲストOSのコンソールが表示されます。

f:id:htbariki:20161210163430p:plain

f:id:htbariki:20161210163440p:plain f:id:htbariki:20161210163442p:plain

今回はLinuxのゲストOSを表示しています。
レスポンス遅延もほぼ無くサクサク動作して快適です。

f:id:htbariki:20161210163404p:plain

どうでしょう?
アプリケーションのコンソールを使えばもっさりした動作も無くサクサクゲストOSを操作できます。

みんさんにもオススメです^^

参考資料

VMware Remote Console 9.0 リリース ノート
https://pubs.vmware.com/Release_Notes/jp/vmrc/90/vmrc-90-release-notes.html

試した環境

HW(ESXiホスト)


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

ESXiのバージョン

vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)

 クライアントOS/HW

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0

ブラウザ

Google Chrome
  バージョン 54.0.2840.98 (64-bit)

 VMware Remote Console

バージョン 9.0.0 (4288332)

MacでESXiを操作したいって?Host Clientを使えばできるよ。ESXi6.0 Update 2ならね![2017/1/29更新]

ESXi Mac VMware

毎度。一馬力です。

我が家にはWindowsマシンがありません!でもESXiは動いています。
windowsが無い→vSphere Clientが使えない→ESXiが操作できないT_T
と嘆いていたのは去年までの話。

今回は

MacでESXiを操作したいって?Host Clientを使えばできるよ。ESXi6.0 Update 2ならね!

って話です。

目次


 VMware ESXi 6.0 Update 2 リリース ノートを確認してみると

VMware ESXi 6.0 Update 2 リリース ノートを確認してみると

http://pubs.vmware.com/Release_Notes/jp/vsphere/60/vsphere-esxi-60u2-release-notes.htmlpubs.vmware.com

新機能にHTML5クライアントとして動作する”VMware Host Client”の記載があります。

 VMware Host Client: VMware Host Client は HTML5 クライアントであり、単一の ESXi ホストに接続してそのホストを管理するために使用します。管理タスクを実行して、仮想マシン、ネットワークおよびストレージなどのホスト リソースを管理できます。VMware Host Client はまた、vCenter Server および vSphere Web Client が利用できないときに、個別の仮想マシンまたはホストをトラブルシューティングする場合に役立ちます。VMware Host Client の詳細については、『VMware Host Client 1.0 リリース ノート』を参照してください。

ということは

HTMLクライアント=ブラウザで操作できる=vSphere Clientいらない=Macでも操作できる!!

となる。さよならwindows、、。

VMware Host Client リリース ノートも確認してみる

ではでは,念のために新機能のVMware Host Clientも確認してみると。

http://pubs.vmware.com/Release_Notes/jp/vsphere/60/vmware-host-client-10-release-notes.htmlpubs.vmware.com

* 最新のハードウェア バージョンのサポート
* 仮想マシンのさまざまな複雑性のデプロイ、構成、および編集、仮想マシンへのコンソール アクセスなど基本的な仮想化に関わる操作
* ネットワークやデータストア リソースの作成および管理
* トラブルシューティングに役立つ、パフォーマンスや使用率のグラフおよびホスト コンポーネントのログなどを含んだ現在のホストやリソース設定の表示
* ホスト レベル オプションでの詳細な調整によるパフォーマンスの向上

ESXiホストが1台であれば、ブラウザさえあれば基本的は操作はできそうです。
VMwareさん。ありがとう。Macユーザーを救ってくれて。

VMware Host Clientを利用してみる

ではでは早速。  VMware Host Clientを利用してみます。

接続はESXiホストのipアドレスにhttpで接続するだけ。
下の例では”192.168.1.5”がESXiホストです。

ESXiホストにブラウザで接続する

  • ESXiのアドレスにhttpで接続する
  • Open the VMware Host Clientのリンクをクリックする

f:id:htbariki:20161210114107p:plain

 VMware Host Clientで ESXiにログインする

ESXiのユーザー名・パスワードを使ってログインします。

f:id:htbariki:20161210114128p:plain

 VMware Host Clientの画面イメージ

ログインが成功すると下の画像のように,各種情報を参照・操作できるようになります。

さっと見えている部分を抜き出してみても

  • 仮想マシンの作成/登録
  • シャットダウン/再起動
  • ESXiのハードウェア情報
  • パフォーマンスのサマリ

などなど。基本的な操作をする分には困らなそうです。

f:id:htbariki:20161210114113p:plain

どうでしょう。

Host Clientを使えばMacでもESXiを操作できますね^^

MacユーザみなさんもESXi6.0 up2にバージョンアップしてHost Client利用してみてはどうでしょう?

参考資料 [2017/1/29更新]

VMwareのマニュアル見つけたので参考資料更新します。[2017/1/29]

_

試した環境

HW(ESXiホスト)


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

ESXiのバージョン

vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)

クライアントOS/HW

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0

ブラウザ

Safari
バージョン10.0.1 (12602.2.14.0.7)

Brocade Switch FWS624Gのパスワードを初期化する

FWS624G Network

毎度。一馬力です。

ブロケードのFWS624Gを入手しました^^
ブロケードといえば2016/11/2のニュースで、ブロードコムに買収される情報がありましたね。
www.nikkei.com

今回のFWS624Gもブロケードのマークがついていますが
中身は、ブロケードに買収されたFoundry Networksのままです。

古い機械を触るときは、業界の歴史のお勉強も必要でしょうか?

そんなわけで、今回は入手したFWS624Gのパスワードを初期化してみます。

f:id:htbariki:20161210094213p:plain

目次


作業の流れ

作業の流れを簡単にまとめておきます

  • コンソールに端末を接続しておく
  • FWS624Gを起動する
  • 起動メニューでパスワード無しモードでbootする
  • 起動後enableモードでパスワード無しを確認

パスワード無しでのBoot

注意:  パスワードを初期化するためには、再起動が必要です。
 運用中のFWS624Gの場合は停止できるタイミングを調整して下さい

パスワードを初期化するためには、起動時に”no password”を入力します。
手順としては2ステップ

  • boot中にで’b’を入力してbootをスキップ
  • "FGS-Boot>”が表示されたら ’no password’ を入力

FWS624Gの起動中にbootをスキップする必要があります。

実際に初期化した時のログを参考に貼り付けておきます↓

"OK! Skip password check when the system is up.”
が表示されれば成功です。

 パスワード無しでのBootのログ

FGS Boot Code Version 05.0.00
Enter 'b' to stop at boot …   ★ここで ’b’ を入力★
FGS-Boot>no password  ★ここで ’no password’ を入力 ★
OK! Skip password check when the system is up.
FGS-Boot>boot system flash primary
BOOT INFO: load monitor from primary, size = 108309
BOOT INFO: load image from primary..........
BOOT INFO: bootparam at 00057888, mp_flash_size = 00319e31
BOOT INFO: code decompression completed
BOOT INFO: branch to 00400100
Starting Main Task ...
Pre-Parsing Config Data ...
Parsing Config Data ...
ACL configured, you must not change SSH port number

  SW: Version 04.3.01bT7e1 Copyright (c) 1996-2008 Foundry Networks, Inc.
      Compiled on Feb 14 2009 at 00:54:51 labeled as FGL04301b
      (3251761 bytes) from Primary FGL04301b.bin
      BootROM: Version 05.0.00T7e5 (FEv2)
  HW: Stackable FWS624G
==========================================================================
STACKID 0: SL 1: FastIron WS 624G 24-port Management Module
      Serial  #: 
      P-ASIC  0: type D814, rev 01
==========================================================================
  400 MHz Power PC processor 8248 (version 130/2014) 66 MHz bus
  512 KB boot flash memory
30720 KB code flash memory
  256 MB DRAM
The system uptime is 6 seconds
The system : started=cold start


Read 1740 characters from ssh host key file $$sshhost.key.
FWS624G-sw01>Power supply 1 is up

パスワード無しの確認(enableモード)

起動成功したら,さっそくenableモードに変更してパスワードを聞かれない事を確認してみます
"No password has been assigned yet…”
が表示されて,enabelモードに変更できれば成功です。

FWS624G-sw01>en
No password has been assigned yet...
FWS624G-sw01#

試した環境 FWS624G

f:id:htbariki:20161210094213p:plain

sw01#show version

  SW: Version 04.3.01bT7e1 Copyright (c) 1996-2008 Foundry Networks, Inc.
      Compiled on Feb 14 2009 at 00:54:51 labeled as FGL04301b
      (3251761 bytes) from Primary FGL04301b.bin
      BootROM: Version 05.0.00T7e5 (FEv2)

  HW: Stackable FWS624G