読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

Raspberry PiとMacならホスト名.localでアクセスできる!

毎度。一馬力です。
Raspberry Piって楽しいですね!
ちっこい筐体で色々な事ができちゃいます。

今回はそんなRaspberry Piにアクセスする時に
IPアドレスではなくホスト名でアクセスする方法の紹介です。

※注意
 Raspberry Pi <— Macでアクセスする場合の記事です
 windowsの場合、、、。調べてみて下さいm( )m

f:id:htbariki:20170402093053j:plain

目次


apt-get update/upgrede

まずは,パッケージリストとパッケージを最新化します。
Raspberry PiのOSであるRaspbianにソフトウェアを追加する場合の基本動作です。

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-getupgrede

Raspberry Piでパッケージ導入

続いて,avahi-daemonパッケージをインストールします。

コマンドは

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install avahi-daemon

です。

(参考)avahi-daemonのインストールログ

一馬力の環境ではすでにインストール済みでした

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install avahi-daemon
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
avahi-daemon はすでに最新版です。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 47 個。
pi@raspberrypi:~ $

macから疎通確認

続いて,Raspberry Piと同じセグメントに接続されているMacから
PINGを使って疎通確認します。

Raspberry Piにavahi-daemonを導入すると

Raspberry Piのホスト名.local

でアクセスできるようになります。

コマンドは

MacBook-Pro:~ MBPR$ ping raspberrypi.local

です。

(参考)疎通確認の結果

私の環境では,Raspberry Piに割当れてたIPは192.168.1.13
のようですね^^

MacBook-Pro:~ MBPR$ ping raspberrypi.local
PING raspberrypi.local (192.168.1.13): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.1.13: icmp_seq=0 ttl=64 time=62.612 ms
64 bytes from 192.168.1.13: icmp_seq=1 ttl=64 time=5.127 ms

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/Avahi

試した環境

Raspberry Pi 3 Model B


Raspberry Pi 3 Model B
  Pi 3 Starter Kit 32GB [896-8660-Kit4]

Raspbian
  pi@raspberrypi:~ $ uname -a
  Linux raspberrypi 4.4.23-v7+ #913 SMP Tue Oct 4 14:16:19 BST 2016 armv7l GNU/Linux
  pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/version
  Linux version 4.4.23-v7+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611) ) #913 SMP Tue Oct 4 14:16:19 BST 2016
  pi@raspberrypi:~ $ lsb_release -a
  No LSB modules are available.
  Distributor ID:    Raspbian
  Description:    Raspbian GNU/Linux 8.0 (jessie)
  Release:    8.0
  Codename:    jessie

VirtualBoxでCentOS7のインストール

毎度。一馬力です。

今回はVirtualBoxでCentOS7をインストールしてみます。
基本,操作画面をペタペタはっただけの記事になります。

詳しいコメント付きの話はRHEL7のインストール事例になりますが
別記事↓が参考になると思います。

ichibariki.hatenablog.com

目次で全体の流れを確認してもらえればと思います。
参考にして下さい

目次


操作のポイントは赤矢印で示しています。

仮想マシンの準備

仮想マシンの新規作成

f:id:htbariki:20170401182543p:plain

エキスパートモードを選択

f:id:htbariki:20170401182541p:plain

仮想マシンのタイプ等と仮想ディスクの作成

f:id:htbariki:20170401182457p:plain

ファイルの場所・名前の決定

f:id:htbariki:20170401182454p:plain

インストールメディアのマウント設定1

f:id:htbariki:20170401182538p:plain

インストールメディアのマウント設定2

f:id:htbariki:20170401182501p:plain

インストールメディアのマウント設定3

f:id:htbariki:20170401182504p:plain

インストールメディアのマウント設定4

f:id:htbariki:20170401182459p:plain

インストールメディアのマウント設定5

f:id:htbariki:20170401182531p:plain

インストールメディアのマウント設定6

f:id:htbariki:20170401182528p:plain

インストールメディアのマウント設定7

f:id:htbariki:20170401182420p:plain

CentOSのインストール

仮想マシンの起動

f:id:htbariki:20170401182534p:plain

起動画面1

f:id:htbariki:20170401182427p:plain

起動画面2

f:id:htbariki:20170401182424p:plain

言語の選択

f:id:htbariki:20170401182446p:plain

インストールの概要画面で!マーク部分を順次設定

f:id:htbariki:20170401182450p:plain

インストールの開始を選択

f:id:htbariki:20170401182434p:plain

ユーザーの設定(rootは必須)

f:id:htbariki:20170401182415p:plain

rootパスワードの入力

f:id:htbariki:20170401182431p:plain

インストール完了待ち

f:id:htbariki:20170401182438p:plain

再起動

f:id:htbariki:20170401182442p:plain

インストール完了

f:id:htbariki:20170401182429p:plain

試した環境

ホストOS

Apple iMac 21.5インチ 1.6GHz Corei5 8GB 1TB MK142J/A

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
   システムのバージョン:     macOS 10.12.4 (16E195)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.5.0
VirtualBox

 VirtualBox バージョン 5.1.14 r112924 (Qt5.6.2)
 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.1.14r112924

ゲストOS

[root@CentOS7 ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

CentOSでパッケージのみダウンロードしたい(yumdownloader)

毎度。一馬力です。

今回は, yum-utilsに含まれるyumdownloaderの紹介。

通常yumコマンドはパッケージのインストールに利用しますが
yumdownloaderはパッケージのみダウンロードしたい!という時に利用します。

個人的には特にsrcパッケージのダウンロードでお世話になっているコマンド。
インストール方法含め紹介します

f:id:htbariki:20170401170235p:plain

目次


yum-utilsのインストール

yum-utilsをyumコマンドでインストールします。

# yum install yum-utils

(参考)CentOS7でyum-utilsをインストールした時のログ

[root@CentOS7 src]# yum install yum-utils
読み込んだプラグイン:fastestmirror
base                                                                                                                           | 3.6 kB  00:00:00
extras                                                                                                                         | 3.4 kB  00:00:00
updates                                                                                                                        | 3.4 kB  00:00:00
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ yum-utils.noarch 0:1.1.31-40.el7 を インストール
--> 依存性の処理をしています: yum >= 3.4.3-143 のパッケージ: yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch
--> 依存性の処理をしています: python-kitchen のパッケージ: yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch
--> 依存性の処理をしています: libxml2-python のパッケージ: yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ libxml2-python.x86_64 0:2.9.1-6.el7_2.3 を インストール
--> 依存性の処理をしています: libxml2 = 2.9.1-6.el7_2.3 のパッケージ: libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64
---> パッケージ python-kitchen.noarch 0:1.1.1-5.el7 を インストール
--> 依存性の処理をしています: python-chardet のパッケージ: python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch
---> パッケージ yum.noarch 0:3.4.3-132.el7.centos.0.1 を 更新
---> パッケージ yum.noarch 0:3.4.3-150.el7.centos を アップデート
--> 依存性の処理をしています: python-urlgrabber >= 3.10-8 のパッケージ: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ libxml2.x86_64 0:2.9.1-5.el7_1.2 を 更新
---> パッケージ libxml2.x86_64 0:2.9.1-6.el7_2.3 を アップデート
---> パッケージ python-chardet.noarch 0:2.2.1-1.el7_1 を インストール
---> パッケージ python-urlgrabber.noarch 0:3.10-7.el7 を 更新
---> パッケージ python-urlgrabber.noarch 0:3.10-8.el7 を アップデート
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

======================================================================================================================================================
 Package                                  アーキテクチャー              バージョン                                  リポジトリー                 容量
======================================================================================================================================================
インストール中:
 yum-utils                                noarch                        1.1.31-40.el7                               base                        116 k
依存性関連でのインストールをします:
 libxml2-python                           x86_64                        2.9.1-6.el7_2.3                             base                        247 k
 python-chardet                           noarch                        2.2.1-1.el7_1                               base                        227 k
 python-kitchen                           noarch                        1.1.1-5.el7                                 base                        267 k
依存性関連での更新をします:
 libxml2                                  x86_64                        2.9.1-6.el7_2.3                             base                        668 k
 python-urlgrabber                        noarch                        3.10-8.el7                                  base                        108 k
 yum                                      noarch                        3.4.3-150.el7.centos                        base                        1.2 M

トランザクションの要約
======================================================================================================================================================
インストール  1 パッケージ (+3 個の依存関係のパッケージ)
更新                       ( 3 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 2.8 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
警告: /var/cache/yum/x86_64/7/base/packages/libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64.rpm: ヘッダー V3 RSA/SHA256 Signature、鍵 ID f4a80eb5: NOKEY  --:--:-- ETA
libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64.rpm の公開鍵がインストールされていません
(1/7): libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64.rpm                                                                                      | 668 kB  00:00:00
(2/7): libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64.rpm                                                                               | 247 kB  00:00:00
(3/7): python-chardet-2.2.1-1.el7_1.noarch.rpm                                                                                 | 227 kB  00:00:00
(4/7): python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch.rpm                                                                                   | 267 kB  00:00:00
(5/7): python-urlgrabber-3.10-8.el7.noarch.rpm                                                                                 | 108 kB  00:00:00
(6/7): yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch.rpm                                                                                      | 116 kB  00:00:00
(7/7): yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch.rpm                                                                                     | 1.2 MB  00:00:00
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                                                                  2.1 MB/s | 2.8 MB  00:00:01
file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7 から鍵を取得中です。
Importing GPG key 0xF4A80EB5:
 Userid     : "CentOS-7 Key (CentOS 7 Official Signing Key) <security@centos.org>"
 Fingerprint: 6341 ab27 53d7 8a78 a7c2 7bb1 24c6 a8a7 f4a8 0eb5
 Package    : centos-release-7-2.1511.el7.centos.2.10.x86_64 (@anaconda)
 From       : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  更新します              : python-urlgrabber-3.10-8.el7.noarch                                                                                  1/10
  更新します              : yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch                                                                                      2/10
  インストール中          : python-chardet-2.2.1-1.el7_1.noarch                                                                                  3/10
  インストール中          : python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch                                                                                    4/10
  更新します              : libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64                                                                                       5/10
  インストール中          : libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64                                                                                6/10
  インストール中          : yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch                                                                                       7/10
  整理中                  : yum-3.4.3-132.el7.centos.0.1.noarch                                                                                  8/10
  整理中                  : python-urlgrabber-3.10-7.el7.noarch                                                                                  9/10
  整理中                  : libxml2-2.9.1-5.el7_1.2.x86_64                                                                                      10/10
  検証中                  : yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch                                                                                       1/10
  検証中                  : libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64                                                                                       2/10
  検証中                  : libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64                                                                                3/10
  検証中                  : python-chardet-2.2.1-1.el7_1.noarch                                                                                  4/10
  検証中                  : yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch                                                                                      5/10
  検証中                  : python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch                                                                                    6/10
  検証中                  : python-urlgrabber-3.10-8.el7.noarch                                                                                  7/10
  検証中                  : libxml2-2.9.1-5.el7_1.2.x86_64                                                                                       8/10
  検証中                  : yum-3.4.3-132.el7.centos.0.1.noarch                                                                                  9/10
  検証中                  : python-urlgrabber-3.10-7.el7.noarch                                                                                 10/10

インストール:
  yum-utils.noarch 0:1.1.31-40.el7

依存性関連をインストールしました:
  libxml2-python.x86_64 0:2.9.1-6.el7_2.3            python-chardet.noarch 0:2.2.1-1.el7_1            python-kitchen.noarch 0:1.1.1-5.el7

依存性を更新しました:
  libxml2.x86_64 0:2.9.1-6.el7_2.3               python-urlgrabber.noarch 0:3.10-8.el7               yum.noarch 0:3.4.3-150.el7.centos

完了しました!

[root@CentOS7 src]#

 yumdownloaderでカーネルソースパッケージをダウンロードする

yumdownloaderが含まれるyum-utilsのインストールが完了したら
準備完了です。

早速,カーネルソースパッケージをダウンロードしてみます。
コマンドは

# yumdownloader --source kernel

コマンド実行時のカレントディレクトリにパッケージが保存されます。

(参考)yumdownloader –source kernelの実行ログ

[root@CentOS7 src]# yumdownloader --source kernel
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Enabling updates-source repository
Enabling base-source repository
Enabling extras-source repository
base-source                                                                                                                    | 2.9 kB  00:00:00
extras-source                                                                                                                  | 2.9 kB  00:00:00
updates-source                                                                                                                 | 2.9 kB  00:00:00
(1/3): extras-source/7/primary_db                                                                                              |  52 kB  00:00:01
(2/3): updates-source/7/primary_db                                                                                             |  65 kB  00:00:01
(3/3): base-source/7/primary_db                                                                                                | 967 kB  00:00:03
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
kernel-3.10.0-514.6.1.el7.src.rpm                                                                                              |  85 MB  00:00:59
[root@CentOS7 src]# ll
合計 86880
-rw-r--r--. 1 root root 88959056  1月 19 21:48 kernel-3.10.0-514.6.1.el7.src.rpm

まとめ

  • yumはパッケージのインストールに,yumdownloaderはパッケージのダウンロードに利用する  * yumdownloaderはyum-utilsに含まれる
  • yumdownloaderはsrcパッケージの入手時に重宝する

試した環境

ホストOS

Apple iMac 21.5インチ 1.6GHz Corei5 8GB 1TB MK142J/A

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
   システムのバージョン:     macOS 10.12.4 (16E195)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.5.0
VirtualBox
 VirtualBox バージョン 5.1.14 r112924 (Qt5.6.2)
 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.1.14r112924

ゲストOS

[root@CentOS7 ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

MacBookで有線LAN j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットを使ってみる

毎度。一馬力です。

本業が忙しすぎて,すっかりBLOGの更新が止まってました。
久しぶりの更新です。

今日はMacBookで有線LANを使う話。

j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットを買ってみましたので
利用法まとめです。

目次


はじめに

MacBookは便利です。素敵なデザイン,爆速の起動,きれいなディスプレイ。
自分の利用しているMacBookMacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)で今や4年も前の機種ですが 現役バリバリで使ってます。

付き合いもながくなってきたMacBookですが,一つだけ不便な点が。
有線LANのポートが無い所。

普通に使う分にはWiFiがあればいいじゃないって話ですが
どうしても有線でつなぎたいシーンてあるものです。

そんな欲に負けて今回はj5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットを買ってしまったので
皆さんに紹介します。

利用方法

ドライバのダウンロード

まずはじめにドライバのダウンロードから

購入したj5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットの箱の中にも
インストールメディア(CD)は入っていますが,最新版を入れておけば安心ですよね

ダウンロードは下のURLからです。 http://www.j5create.com/jpn/support.html#JUE130

サイトを開くと下の対象のドライバをダウンロードするベージが開けます
今回はMacなので赤枠の部分をクリックしたダウンロードです。

f:id:htbariki:20170401151439p:plain

ドライバのインストール

ダウンロードしたドライバの仮想ディスクイメージをファイルをクリックします。

今回ダウンロードしたファイルは
j5UsbEthernetAdapter-v2.8.0-2.4.1-mac.dmg (9MB)
でした。

起動すると下のような画面が開きます。
ちょいと分かりにくいですが,赤枠の部分をクリックするとインストールが始まります。

f:id:htbariki:20170401151427p:plain

インストーラーが起動したら,完了まで次々にメニューを進めます。

参考インストーラー(AX88179/178A USB3.0/2/0 Gigabit Ethernet Adapter Driverのインストール)画面

f:id:htbariki:20170401151356p:plain f:id:htbariki:20170401151405p:plain

f:id:htbariki:20170401151411p:plain

f:id:htbariki:20170401151400p:plain f:id:htbariki:20170401151415p:plain f:id:htbariki:20170401151422p:plain

再起動

インストールが完了したら自動で再起動が入ります。
このステップが完了するまでUSBにj5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットを接続するのはNGのようです。

 j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットの接続

再起動が完了後、j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットの接続です。

接続はイメージは

SWやHUB,ルータ等 →UTPケーブル→
j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネットMac

です。

ネットワークの設定確認

接続が完了したらネットワークの設定で接続が有効になっている事を確認します

 システム環境設定>ネットワーク 

の順にひらいて確認します。

 システム環境設定

f:id:htbariki:20170401151449p:plain

 システム環境設定 > ネットワーク

“AX8817…"表示されている部分がJUE130の設定部分です。(赤枠部分) f:id:htbariki:20170401151454p:plain

 システム環境設定 > ネットワーク > 詳細 > ハードウェア

念のため,ハードウェアの状態も確認します。
1000baseT / 全二重で通信しできています

f:id:htbariki:20170401151444p:plain

これでMacBookでも有線ネットワークに接続できるようになりました^^
皆さんの参考になれば幸いです

参考 (WiFiと有線のスピード比較)

 j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネット利用時

f:id:htbariki:20170401151409p:plain

 参考 内蔵wifi接続時

f:id:htbariki:20170401151420p:plain

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)



macOS Sierra
   システムのバージョン:     macOS 10.12.4 (16E195)


    カーネルのバージョン:     Darwin 16.5.0
j5 create JUE130 USB 3.0 ギガビットイーサネット

ESXiでデータストアのISOイメージを利用して仮想マシンへOSをインストールする

毎度。一馬力です。
ESXiに仮想マシンを作ったのでOSをインストールしようと思います。
インストールはESXiのデータストア上に保存したISOイメージを利用します。

仮想マシンの作成方法は別記事↓を確認して下さい。
ichibariki.hatenablog.com

目次


インストールのイメージと前提

インストールのイメージ

CentOSRHELのOSのインストールメディアはISO形式で配布されています。
ESXiホスト側にDVDドライブ等が搭載されていれば,メディアを準備してインストールしますが
ドライブが存在しない場合も多々あります。

ドライブが存在しない時は,ESXi上にISOイメージを保存しておいて
ISOイメージを仮想マシンにマウントする事でインストール作業をすすめる事ができます。(下図のイメージ)

f:id:htbariki:20170204180553p:plain

前提

インストール作業の前提

  • 仮想マシンの準備が完了している事
  • ESXのデータストアにISOイメージが保存されている事

前提をクリアしていない場合,以下の記事を参考に準備を進めて下さい

[参考記事] ESXiでRHEL7の仮想マシンを作成する
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2017/02/04/152002 

VMware Host Clientを利用してESXiにISOイメージを保管する
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2017/01/29/133610  

データストアのISOイメージをマウントする

仮想マシンの設定の編集

インストールメディアのISOイメージをマウントするために
対象の仮想マシンの設定を一時的に編集します。

仮想マシン > アクション

を選択します。

f:id:htbariki:20170204180550p:plain

プルダウンから設定の編集を選択

f:id:htbariki:20170204180604p:plain

設定の編集画面でCD/DVDドライブをクリックします。
デフォルトではクライアントデバイスが選択されてい状態です。

f:id:htbariki:20170204180608p:plain

プルダウンからデータストアISOファイルを選択します。

f:id:htbariki:20170204180611p:plain

データストアブラウザが表示されるので
対象のISOファイルを選択します。

下の画像ではRHEL7.2のインストールイメージを選択しています。

f:id:htbariki:20170204180556p:plain

設定をの編集画面で対象のISOイメージが設定されている事を確認して
保存をクリックします。

f:id:htbariki:20170204180619p:plain

仮想マシンのパワーオン

設定の編集が完了したら,対象の仮想マシンパワーオンします。

f:id:htbariki:20170204180615p:plain

無事RHEL7.2のインストーラーが起動できました。

f:id:htbariki:20170204180546p:plain

[参考記事]

RHEL7.2のインストール方法は過去記事を参考にして下さい。

Red Hat Enterprise Linux 7.2 のインストール

http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2016/10/01/133605

インストールメディアの取り外し

OSのインストールが完了したら,マウントしたISOファイルを取り外します。

仮想マシンの設定の編集画面から,インストール前にマウントしたISOファイルの接続を解除します。

CD/DVDドライブの接続チェックボックスをクリックして下さい

f:id:htbariki:20170204180626p:plain

接続が解除されたことを確認して保存で完了です。

f:id:htbariki:20170204180622p:plain

仮想マシンの再構成が完了したことを確認して作業は終了です。

f:id:htbariki:20170204180630p:plain

参考

参考資料

  • ESXi および vCenter Server 6.0 のドキュメント > vSphere 単一ホスト管理:VMware Host Client > VMware Host Client の概要>
     VMware Host Client のシステム要件

http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.vsphere.html.hostclient.doc/GUID-83042A09-281D-4B74-9176-8E882AD23432.html 

RHEL7.2インストール中のパフォーマンス(CPU)

OSのインストールはCPUを使うイメージがあったので
パフォーマンスデータを取得してみました。

今回はRHEL7.2のインストールでしたが
インストール中のCPU使用率の最大値は約30%ほど

これを高いと感じるか低いと感じるかは環境によりそれぞれかと思います。

参考情報として見てもらえればと思います。

f:id:htbariki:20170204180600p:plain

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra

ESXiでRHEL7の仮想マシンを作成する

毎度。一馬力です。

今日は,ESXiにVMware Host Clientを利用して
Red Hat Enterprise Linux 7用の仮想マシンを作成してみます。

ちなみにESXiでCentOS4/5/6/7の仮想マシンを作成する方法は別記事↓で紹介しています。
ichibariki.hatenablog.com

手順の違いは” 名前とゲストOSの選択”部分のみとなります。

目次


仮想マシンの作成開始

画面はVMware Host Clientにログインした状態で

を選択した状態。

まずはじめに,”仮想マシンの作成/登録”をクリックする所からスタートです。

画面イメージ

f:id:htbariki:20170204151915p:plain

仮想マシンのオプションの選択

仮想マシンの作成から順番にオプションを選択していく事で,仮想マシンが作成されます。

選択画面は5ステップあります。

  • 作成タイプの選択
  • 名前とゲストOSの選択
  • ストレージの選択
  • 設定のカスタマイズ
  • 終了準備の完了

※いつも思うのですが、”5.終了準備の完了”って訳が変ですよね?

それでは順番に画面をたどっていきましょう。

 作成タイプの選択

まずは,仮想マシン作成のタイプを選択します。
今回は新規仮想マシンの作成を選択します。

f:id:htbariki:20170204151924p:plain

名前とゲストOSの選択

次に名前とゲストOSを選択していきます。

選択後の状態

f:id:htbariki:20170204151907p:plain

ストレージの選択

次は,仮想マシンが利用するストレージの選択
私の環境では,ESXiが稼働するHWの内蔵ストレージが選択肢として表示されています。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151919p:plain

設定のカスタマイズ

最後のパラメータとして,仮想マシンの細々としたパラメータを入力していきます。
CPUの数や,メモリサイズ。ディスク容量などが選択肢として並びます。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151858p:plain

終了準備の完了

最後に自分が選択したパラメータを確認して作成完了となります。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151911p:plain

仮想マシンの作成完了

仮想マシンが作成されると,仮想マシンの一覧の中に表示されています。
後はOSをインストールすれば利用可能ですね。

お疲れ様でした。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151903p:plain

参考資料

  • ESXi および vCenter Server 6.0 のドキュメント > vSphere 単一ホスト管理:VMware Host Client > VMware Host Client の概要>
     VMware Host Client のシステム要件

http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.vsphere.html.hostclient.doc/GUID-83042A09-281D-4B74-9176-8E882AD23432.html 

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra

VirtualBox クローン ガイド付きモード(すべてをクローン)

毎度。一馬力です。

久々に、VirtualBoxネタを。今日はクローンの話。
VirtualBox仮想マシンをクローンして増やします。って話です。

VirtualBox仮想マシン。例えばRHEL7をインストールした直後の状態でクローン元にしておいて
検証作業はクローン先の仮想マシンで作業する。
なんてシーンを想定すると,都度都度インストール作業を知なくて時間の節約になります。

virtalboxのクローン。ひつじの絵に癒やされながらの作業です。

目次


クローン元のゲストOSを選択

まずは、Oracle VM VirtualBoxマネージャーを開いて
クローン元の仮想OSのを選択します。

選択したら,画面右上の”スナップショット”を選択します。

f:id:htbariki:20170204112443p:plain

クローンの開始

次に画面真ん中の”ひつじマーク”をクリックします。

f:id:htbariki:20170204112430p:plain

クローン先の仮想マシン名(新しいマシン名)の選択

ひつじマークをクリックするとクローンのパラメータを入力するために
ポップアップが画面が出力されます。

f:id:htbariki:20170204112437p:plain

クローンのタイプを選択

今回は,全てのクローンを選択します。

f:id:htbariki:20170204112451p:plain

スナップショットの選択

元の仮想マシンのスナップショットのコピーの有無をを選択します。
現在のマシンの状態を選択するとスナップショットは無しの状態でクローンされます。

最後にクローンを選択するとクローンが始まります。
元の仮想マシンの容量によっては時間がかかります。

f:id:htbariki:20170204112457p:plain

クローンの完了

Oracle VM VirtualBoxマネージャーの左ペインを確認すると
今回作成した仮想マシンが作成されている事が確認できます。

f:id:htbariki:20170204112424p:plain

ディレクトリの状態

クローンの元と先で容量が同じ事を確認してみました。

  • 下の画像の通り.vdiファイルの容量は同じ
  • スナップショットのフォルダは無し

の状態です。

.vdiファイルのMD5を確認しましたが,流石に違う値で出力されました。
内部的には別な仮想マシンになっているようです。

Finderで表示

f:id:htbariki:20170204112503p:plain

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ


MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)



macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0
VirtualBox

 VirtualBox バージョン 5.1.6 r110634 (Qt5.5.1)

 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.1.6r110634