読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一馬力のメモ帳

MVSからLinuxまで。基盤屋さんは眠らない

ESXiでデータストアのISOイメージを利用して仮想マシンへOSをインストールする

ESXi VMware install linux Red Hat Enterprise Linux

毎度。一馬力です。
ESXiに仮想マシンを作ったのでOSをインストールしようと思います。
インストールはESXiのデータストア上に保存したISOイメージを利用します。

仮想マシンの作成方法は別記事↓を確認して下さい。
ichibariki.hatenablog.com

目次


インストールのイメージと前提

インストールのイメージ

CentOSRHELのOSのインストールメディアはISO形式で配布されています。
ESXiホスト側にDVDドライブ等が搭載されていれば,メディアを準備してインストールしますが
ドライブが存在しない場合も多々あります。

ドライブが存在しない時は,ESXi上にISOイメージを保存しておいて
ISOイメージを仮想マシンにマウントする事でインストール作業をすすめる事ができます。(下図のイメージ)

f:id:htbariki:20170204180553p:plain

前提

インストール作業の前提

  • 仮想マシンの準備が完了している事
  • ESXのデータストアにISOイメージが保存されている事

前提をクリアしていない場合,以下の記事を参考に準備を進めて下さい

[参考記事] ESXiでRHEL7の仮想マシンを作成する
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2017/02/04/152002 

VMware Host Clientを利用してESXiにISOイメージを保管する
http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2017/01/29/133610  

データストアのISOイメージをマウントする

仮想マシンの設定の編集

インストールメディアのISOイメージをマウントするために
対象の仮想マシンの設定を一時的に編集します。

仮想マシン > アクション

を選択します。

f:id:htbariki:20170204180550p:plain

プルダウンから設定の編集を選択

f:id:htbariki:20170204180604p:plain

設定の編集画面でCD/DVDドライブをクリックします。
デフォルトではクライアントデバイスが選択されてい状態です。

f:id:htbariki:20170204180608p:plain

プルダウンからデータストアISOファイルを選択します。

f:id:htbariki:20170204180611p:plain

データストアブラウザが表示されるので
対象のISOファイルを選択します。

下の画像ではRHEL7.2のインストールイメージを選択しています。

f:id:htbariki:20170204180556p:plain

設定をの編集画面で対象のISOイメージが設定されている事を確認して
保存をクリックします。

f:id:htbariki:20170204180619p:plain

仮想マシンのパワーオン

設定の編集が完了したら,対象の仮想マシンパワーオンします。

f:id:htbariki:20170204180615p:plain

無事RHEL7.2のインストーラーが起動できました。

f:id:htbariki:20170204180546p:plain

[参考記事]

RHEL7.2のインストール方法は過去記事を参考にして下さい。

Red Hat Enterprise Linux 7.2 のインストール

http://ichibariki.hatenablog.com/entry/2016/10/01/133605

インストールメディアの取り外し

OSのインストールが完了したら,マウントしたISOファイルを取り外します。

仮想マシンの設定の編集画面から,インストール前にマウントしたISOファイルの接続を解除します。

CD/DVDドライブの接続チェックボックスをクリックして下さい

f:id:htbariki:20170204180626p:plain

接続が解除されたことを確認して保存で完了です。

f:id:htbariki:20170204180622p:plain

仮想マシンの再構成が完了したことを確認して作業は終了です。

f:id:htbariki:20170204180630p:plain

参考

参考資料

  • ESXi および vCenter Server 6.0 のドキュメント > vSphere 単一ホスト管理:VMware Host Client > VMware Host Client の概要>
     VMware Host Client のシステム要件

http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.vsphere.html.hostclient.doc/GUID-83042A09-281D-4B74-9176-8E882AD23432.html 

RHEL7.2インストール中のパフォーマンス(CPU)

OSのインストールはCPUを使うイメージがあったので
パフォーマンスデータを取得してみました。

今回はRHEL7.2のインストールでしたが
インストール中のCPU使用率の最大値は約30%ほど

これを高いと感じるか低いと感じるかは環境によりそれぞれかと思います。

参考情報として見てもらえればと思います。

f:id:htbariki:20170204180600p:plain

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra

ESXiでRHEL7の仮想マシンを作成する

ESXi Red Hat Enterprise Linux VMware

毎度。一馬力です。

今日は,ESXiにVMware Host Clientを利用して
Red Hat Enterprise Linux 7用の仮想マシンを作成してみます。

ちなみにESXiでCentOS4/5/6/7の仮想マシンを作成する方法は別記事↓で紹介しています。
ichibariki.hatenablog.com

手順の違いは” 名前とゲストOSの選択”部分のみとなります。

目次


仮想マシンの作成開始

画面はVMware Host Clientにログインした状態で

を選択した状態。

まずはじめに,”仮想マシンの作成/登録”をクリックする所からスタートです。

画面イメージ

f:id:htbariki:20170204151915p:plain

仮想マシンのオプションの選択

仮想マシンの作成から順番にオプションを選択していく事で,仮想マシンが作成されます。

選択画面は5ステップあります。

  • 作成タイプの選択
  • 名前とゲストOSの選択
  • ストレージの選択
  • 設定のカスタマイズ
  • 終了準備の完了

※いつも思うのですが、”5.終了準備の完了”って訳が変ですよね?

それでは順番に画面をたどっていきましょう。

 作成タイプの選択

まずは,仮想マシン作成のタイプを選択します。
今回は新規仮想マシンの作成を選択します。

f:id:htbariki:20170204151924p:plain

名前とゲストOSの選択

次に名前とゲストOSを選択していきます。

選択後の状態

f:id:htbariki:20170204151907p:plain

ストレージの選択

次は,仮想マシンが利用するストレージの選択
私の環境では,ESXiが稼働するHWの内蔵ストレージが選択肢として表示されています。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151919p:plain

設定のカスタマイズ

最後のパラメータとして,仮想マシンの細々としたパラメータを入力していきます。
CPUの数や,メモリサイズ。ディスク容量などが選択肢として並びます。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151858p:plain

終了準備の完了

最後に自分が選択したパラメータを確認して作成完了となります。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151911p:plain

仮想マシンの作成完了

仮想マシンが作成されると,仮想マシンの一覧の中に表示されています。
後はOSをインストールすれば利用可能ですね。

お疲れ様でした。

画面イメージ f:id:htbariki:20170204151903p:plain

参考資料

  • ESXi および vCenter Server 6.0 のドキュメント > vSphere 単一ホスト管理:VMware Host Client > VMware Host Client の概要>
     VMware Host Client のシステム要件

http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.vsphere.html.hostclient.doc/GUID-83042A09-281D-4B74-9176-8E882AD23432.html 

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra

VirtualBox クローン ガイド付きモード(すべてをクローン)

VirtualBox

毎度。一馬力です。

久々に、VirtualBoxネタを。今日はクローンの話。
VirtualBox仮想マシンをクローンして増やします。って話です。

VirtualBox仮想マシン。例えばRHEL7をインストールした直後の状態でクローン元にしておいて
検証作業はクローン先の仮想マシンで作業する。
なんてシーンを想定すると,都度都度インストール作業を知なくて時間の節約になります。

virtalboxのクローン。ひつじの絵に癒やされながらの作業です。

目次


クローン元のゲストOSを選択

まずは、Oracle VM VirtualBoxマネージャーを開いて
クローン元の仮想OSのを選択します。

選択したら,画面右上の”スナップショット”を選択します。

f:id:htbariki:20170204112443p:plain

クローンの開始

次に画面真ん中の”ひつじマーク”をクリックします。

f:id:htbariki:20170204112430p:plain

クローン先の仮想マシン名(新しいマシン名)の選択

ひつじマークをクリックするとクローンのパラメータを入力するために
ポップアップが画面が出力されます。

f:id:htbariki:20170204112437p:plain

クローンのタイプを選択

今回は,全てのクローンを選択します。

f:id:htbariki:20170204112451p:plain

スナップショットの選択

元の仮想マシンのスナップショットのコピーの有無をを選択します。
現在のマシンの状態を選択するとスナップショットは無しの状態でクローンされます。

最後にクローンを選択するとクローンが始まります。
元の仮想マシンの容量によっては時間がかかります。

f:id:htbariki:20170204112457p:plain

クローンの完了

Oracle VM VirtualBoxマネージャーの左ペインを確認すると
今回作成した仮想マシンが作成されている事が確認できます。

f:id:htbariki:20170204112424p:plain

ディレクトリの状態

クローンの元と先で容量が同じ事を確認してみました。

  • 下の画像の通り.vdiファイルの容量は同じ
  • スナップショットのフォルダは無し

の状態です。

.vdiファイルのMD5を確認しましたが,流石に違う値で出力されました。
内部的には別な仮想マシンになっているようです。

Finderで表示

f:id:htbariki:20170204112503p:plain

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ


MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)



macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0
VirtualBox

 VirtualBox バージョン 5.1.6 r110634 (Qt5.5.1)

 Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.1.6r110634

R言語で小説を読もう累計1位の「無職転生- 異世界行ったら本気だす - 」をタグクラウドしてみた。

R言語 MeCab (和布蕪)

毎度。一馬力です。

小説を読もうってサイト(http://yomou.syosetu.com)知ってます?
無料で小説を読むことができるんです。

活字中毒の一馬力はこのサイトにかなりお世話になっています。

今回は,R言語を使って
小説を読もう累計1位の「無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 」の1話目を
タグクラウド化してみようって話でです。

R言語を使えば3ステップで簡単にタグクラウドを作成する事ができます。
それでは早速タグクラウド作成方法の紹介です。

R言語。統計解析向けの言語です。
インストール方法はこちら
ichibariki.hatenablog.com

目次


前提

  • R言語が動作する事
  • mecabが動作する事 
  • Rに以下のパッケージが導入されている事
     - RMeCab
     - wordcloud

インプットデータの準備

今回のインプットデータは

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -
第一話「もしかして:異世界」
http://ncode.syosetu.com/n9669bk/2/ 

です。小説を読もうサイトにはtxtダウンロード機能があるので
事前に小説をダウンロードしておきます。

今回ダウンロードした小説は以下のフォルダにある前提で作業を進めます。

/Users/xxx/Downloads/N9669BK-1.txt

Rのセットアップ

R言語を起動した,必要なパッケージ(ライブラリ)を読み込みます。

# ライブラリの読み込み
> library(RMeCab)
> library(wordcloud)
 要求されたパッケージ RColorBrewer をロード中です 

# フォントの設定
> par(family = "Osaka")

必要なライブラリをエラー無しで読み込めれば
タグクラウドを作成する準備は完了です。

タグクラウド作成

R言語のセットアップが完了したら
下のコマンドの通り3ステップでタグクラウドを作成できます。

# RmeCabを利用して小説を分かち書き
 res1 <- RMeCabText("/Users/xxx/Downloads/N9669BK-1.txt”)
res2 <-unlist(sapply(res1,"[[",1))

# wordcloudを利用してタグクラウドを生成
> wordcloud(res2,min.freq = 2,random.order = FALSE,colors = brewer.pal( 8, "Dark2" ))

一話目はトラックの話?
いやいや。ネタバレしちゃうので、気になる人は1話目読んでみて下さい。

無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 第一話「もしかして:異世界」タグクラウド
f:id:htbariki:20170129154948p:plain

こんな簡単にタグクラウドを作成できるR言語。便利ですね。
皆さん試して見て下さい

試した環境

2500/15.4 MJLT2J/A MacBook Pro Retinaディスプレイ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)

macOS Sierra
 システムのバージョン:    macOS 10.12 (16A323)
 カーネルのバージョン:    Darwin 16.0.0
R 3.2.4 binary for Mac OS X 10.9 (Mavericks)

VMware Host Clientを利用してESXiにISOイメージを保管する

ESXi VMware

毎度。一馬力です。

ESXiのデータストアにはファイルを保存する事ができます。
ゲストOSをインストールする時,データストアにOSのISOイメージを保存しておくと便利です。

とい事で,今回はESXiのデータストアにISOイメージを保管する方法です。

目次


データストアブラウザの起動

VMware Host Clientにログインした状態から

  • 左ペイン→ナビゲータ→ストレージ

を選択します。

f:id:htbariki:20170129133341p:plain

データストアが表示されたら

  • データストアブラウザ

を選択します。

f:id:htbariki:20170129133353p:plain

データストアブラウザからファイルのアップロード

アップロード先フォルダを選択

データストアブラウザが表示されたらESXiのストレージ上の保存場所を選びます。
アップロード場所を決めたらアップロードをクリックします。

下の例では datastore1>ISOというフォルダを作成し選択しています。

f:id:htbariki:20170129133350p:plain

アップロードするファイルを選択

アップロードするファイルを選びます。
今回はRHEL7.2のISOイメージを選択しています。

f:id:htbariki:20170129133334p:plain

ESXiへアクセスするための認証

アップロードするファイルを選択し開くと認証画面が表示されます。
ESXiにアクセス可能なユーザーで認証します。

f:id:htbariki:20170129133347p:plain

認証が成功すればアップロードが始まります。
アップロードの進捗は左ペインの”監視”→”タスク”で確認可能です。

f:id:htbariki:20170129133331p:plain

左ペインの”監視”→”タスク”でアップロードが完了した事を確認します

f:id:htbariki:20170129133344p:plain

念のために,データストアブラウザでアップロードが管理している事を確認してみました。

f:id:htbariki:20170129133337p:plain

これでアップロード完了です。
容量に余裕があれば,データストアにISOイメージを保存しておくと
仮想マシン上OSインストール作業が楽に進められます。

皆さんお試しあれ !

参考情報

マニュアル抜粋 f:id:htbariki:20170129133357p:plain

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra
 ブラウザ
  Google Chrome
   バージョン 55.0.2883.95 (64-bit)

ESXiでCentOS4/5/6/7の仮想マシンを作成する

CentOS ESXi VMware

毎度。一馬力です。

VMware Host Client のおかげでMacOSでも,ESXiの操作操作が出来て便利です。
ichibariki.hatenablog.com

今日は,ESXiにCentOS用の仮想マシンを作成してみます。
CentOS用の仮想マシンはCentOS4/5/6/7ともに共通です。

目次


仮想マシンの作成開始

画面はVMware Host Clientにログインした状態で

を選択した状態。

まずはじめに,”仮想マシンの作成/登録”をクリックする所からスタートです。

画面イメージ

f:id:htbariki:20170129090854p:plain

仮想マシンのオプションの選択

仮想マシンの作成から順番にオプションを選択していく事で,仮想マシンが作成されます。

選択画面は5ステップあります。

  • 作成タイプの選択
  • 名前とゲストOSの選択
  • ストレージの選択
  • 設定のカスタマイズ
  • 終了準備の完了

※いつも思うのですが、”5.終了準備の完了”って訳が変ですよね?

それでは順番に画面をたどっていきましょう。

 作成タイプの選択

まずは,仮想マシン作成のタイプを選択します。
今回は新規仮想マシンの作成を選択します。

f:id:htbariki:20170129090902p:plain

名前とゲストOSの選択

次に名前とゲストOSを選択していきます。

まずは選択前の状態

選択前の状態

f:id:htbariki:20170129090838p:plain

これが選択後の状態

ゲストOSのバージョンを選択すると,CentOSは4/5/6/7どれも同じ選択肢になりました。

選択後の状態

f:id:htbariki:20170129090858p:plain

ストレージの選択

次は,仮想マシンが利用するストレージの選択
私の環境では,ESXiが稼働するHWの内蔵ストレージが選択肢として表示されています。

画面イメージ f:id:htbariki:20170129090842p:plain

設定のカスタマイズ

最後のパラメータとして,仮想マシンの細々としたパラメータを入力していきます。
CPUの数や,メモリサイズ。ディスク容量などが選択肢として並びます。

画面イメージ f:id:htbariki:20170129090834p:plain

終了準備の完了

最後に自分が選択したパラメータを確認して作成完了となります。

画面イメージ f:id:htbariki:20170129090847p:plain

仮想マシンの作成完了

仮想マシンが作成されると,仮想マシンの一覧の中に表示されています。
後はOSをインストールすれば利用可能ですね。

お疲れ様でした。

画面イメージ f:id:htbariki:20170129090851p:plain

参考資料

試した環境

HW


Product Name
  ProLiant DL160 Gen8
CPU
  4 CPUs x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2603 0 @ 1.80GHz
Memory
  16GB
iLO Firmware Version
  2.44 Jul 19 2016

仮想化基盤

OS
 vmware ESXi 6.0.0 (Build 3620759)
操作環境
 VMware Host Client
 iMac (27-inch, Mid 2010)
 macOS Sierra

Mac OSのバージョンを確認する方法3つ

Mac

毎度。一馬力です。

一馬力のメモ帳は最後にからなず「試した環境」を書き込む事にしています

試した環境を書き込んでおけば,このブログを見てくれた皆さんが同じことを試した時
ソフトウェアのバージョン違いによる動作の違いを確認しやすくするためです。

技術系のメモは再現性を高める事が大事だと思います。
この業界はスピードが早い。ちょっと前に調べた事があっという間に過去のものになってしまいます。

ソフトウェアの組み合わせや,バージョンを確認する事って大事だと思うんです。

という事で今日は,MacOSのバージョンを確認する方法3つ紹介したいと思います

目次


画面から「この Mac について」で確認する方法

まずは簡単な方法から。Macの利用するとかならず,左上に表示される
Apple メニュー () から、「この Mac について」を選択する。方法

出力例

f:id:htbariki:20170114120535p:plain

コマンドラインから確認する方法①(sw_vers)

コマンドラインから確認する場合は

コマンド:sw_vers

で確認できます。

出力例

iMac:~ ichibariki$ sw_vers
ProductName:     Mac OS X
ProductVersion:     10.12.2
BuildVersion:     16C67

 sw_versのヘルプ

iMac:~ ichibariki$ sw_vers -h
Usage: sw_vers [-productName|-productVersion|-buildVersion]

sw_versのman

W_VERS(1)                BSD General Commands Manual               SW_VERS(1)

NAME
     sw_vers -- print Mac OS X operating system version information

SYNOPSIS
     sw_vers
     sw_vers -productName
     sw_vers -productVersion
     sw_vers -buildVersion

DESCRIPTION
     sw_vers prints version information about the Mac OS X or Mac OS X Server operating system running on the local machine.

     When executed with no options sw_vers prints a short list of version properties:

           % sw_vers
           ProductName:    Mac OS X
           ProductVersion: 10.3
           BuildVersion:   7A100

     The ProductName property provides the name of the operating system release (typically either "Mac OS X" or "Mac OS X Server").
     The ProductVersion property defines the version of the operating system release (for example, "10.2.4" or "10.3").  The
     BuildVersion property provides the specific revision of the operating system as generated by the Mac OS X build system.

OPTIONS
     The output of sw_vers can be refined by the following options.

     -productName     Print just the value of the ProductName property.

     -productVersion  Print just the value of the ProductVersion property.

     -buildVersion    Print just the value of the BuildVersion property.

EXAMPLES
     % sw_vers -productName
     Mac OS X

     % sw_vers -productVersion
     10.3

     % sw_vers -buildVersion
     7A100

FILES
     /System/Library/CoreServices/SystemVersion.plist
     /System/Library/CoreServices/ServerVersion.plist

Mac OS X                        March 10, 2003                        Mac OS X

コマンドラインから確認する方法②(SystemVersion.plist)

SystemVersion.plistはsw_versコマンドのmanにも記載ある。
プロパティリスト(.plist)をコマンドラインから確認する場合は

コマンド:cat /System/Library/CoreServices/SystemVersion.plist

で確認できます。

出力例

iMac:~ ichibariki$ cat /System/Library/CoreServices/SystemVersion.plist
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
     <key>ProductBuildVersion</key>
     <string>16C67</string>
     <key>ProductCopyright</key>
     <string>1983-2016 Apple Inc.</string>
     <key>ProductName</key>
     <string>Mac OS X</string>
     <key>ProductUserVisibleVersion</key>
     <string>10.12.2</string>
     <key>ProductVersion</key>
     <string>10.12.2</string>
</dict>
</plist>
iMac:~ ichibariki$

まとめ

Mac OSのバージョンを確認する方法3つ紹介してみました。

  • 「この Mac について」で確認する方法
  • sw_versコマンドで確認する方法
  • SystemVersion.plistを表示して確認する方法

皆さんもお好みの方法で確認してみてください^^

参考資料

MacmacOS のバージョン番号を調べる https://support.apple.com/ja-jp/HT201260

試した環境

Apple iMac 21.5インチ 1.6GHz Corei5 8GB 1TB MK142J/A

iMac (27-inch, Mid 2010)
macOS Sierra
    システムのバージョン:     macOS 10.12.2 (16C67)
    カーネルのバージョン:     Darwin 16.3.0